今からでも間に合う!12月後半の挽回へ繋げる「修正戦略」

スポンサーリンク

こんにちは。TopSeller.Style店舗マネジメント担当の金田です。

早くも12月も中旬まできちゃいましたね。このままだと年末と年始とあっと言う間に過ぎ去りそうです。

皆さんの店舗はここまで12月の売上進捗はどうですか?

1日たりとも予断を許さない時期だけに残り年末まで1日1日着実に売上を稼いでいきたいものです。来週からは再来週と来店客数はピークを迎えます。店舗一丸となって万全な態勢でラストスパートかけていきましょう!

さて今回は前述しました、良くも悪くも12月ここまで(現時点)の売上進捗から月後半に向けて各店舗、課題ポイントや修正ポイントがあると思います。先程もお伝えしましたが、来週からは客数はピークを迎えます。といことは進捗が悪い、イマイチの店舗もまだまだ挽回できるということ。その為には上記の課題や修正を認識し即座に対応していく必要があります。

いくつかの店舗に共通する課題ポイントを例に挙げ修正ポイントを簡易でありますがお伝えするので参考にできるところを参考にして頂ければと思います。

 

1.客数獲得装置の商品が優位置(適所)で展開されてますか?〜客数課題店舗向け〜

この時期の「客数獲得装置」の軸として挙げられるアイテムはニットや冬物雑貨になってきます。多くの店舗に共通する「優位置」とはファサード(店前)で恐らくこのポジション、特にテーブル什器にてニットや冬物雑貨がメイン展開となっていることでしょう。

これはこれで継続し、展開規模に余裕があるならもう一箇所ほぼ同様に近い展開を設けましょう。(イメージは変えましょうね)

狙いとしては来店客数が多い時期だけに時間帯によって混雑状況となれば一箇所だけでは導線が潰れてしまいます。要するに店中、店奥でも構わないので店内導線をもう一箇所作っておきましょうということ。

接客なしにフリーで獲得していきたい時期でもあるので意図的な戦略的な「客数獲得装置」のポジションはもう一箇所設置しておくことで自ずと買上客数は上がってくることでしょう

アウター稼働が不振の店舗にも必要になってくる要素ですから参考にして下さい。

 

2.一定のポジションだけに「売りたいアウター」が集約されてませんか?〜単価課題店舗向け〜

店舗側の欲としては「アウター軸」とした売上構築をしていきたいの当然です。12月の売上要素には欠かせないアイテムですからね。

その欲は欲としてブレずに持っておきましょう。

ここでお伝えしたいのは、「売りたいアウター」が同ポジションにて集約し過ぎてませんか?ということ。バイイングやセレクトなどの同ブランドであれば問題ないですが、オリジナル商品で同テイストで複数型で構成し過ぎになっていないませか?といことです。

この時期はもうほぼ「売れ筋」といのは決まってきています。複数型の構成は一見、多く取り揃えてるという観点からは魅力的ですが、度々言いますが「12月=売る時期」です。

この時期に買われるお客様は一般的に「マス層」と言われ、「今ある・今展開されてるアイテムから商品を選ぶ」という消費傾向があり購買意欲は高い反面、前述の同テイストの複数型による展開は混迷しまてしまうお客様が多いのです。(決して偏見ではないので悪しからず)

という混迷させてしまうのを避ける為に店舗としては複数型(4〜5型)展開ではなく「売れ筋」に絞り込んだ展開の方が効率の良い売上とれるということ。ダウン系、コート系ともにそれぞれ2〜3型で十分かと思います。

「今年の自店のおススメダウン(2〜3型)はこちらです!」

的な少々極端ではありますが、展開できない商品は割り切って「売りたい・おススメしたい!アウター」だけに注力しましょうということです。

 

ここまでお伝えしてきましたが、1.2項目に共通すること、それは店舗側の意図として

いかに”効率良く”売上を獲得できるのか?

かがベースとなっています。

 

来週からピークを迎えるにあたり参考にして頂ければと思います。

ラストスパートかけていきましょう!

 

では、また来週〜

 

 

 

アパレル販売員×Webマーケで新しいキャリアを作るメディア

 

販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
金田 拓巳
About 金田 拓巳 172 Articles
販売員歴14年(店長歴7年) (株)ワールドストアパートナーズ 入社初月から店舗個人売上実績1位。1年目後半~ブランド内全国個人売上1位をサブまでの3年継続。異例の早さで「店長」へ昇格。 店長就任後、部下スタッフを同様に全国区の販売員に育成し。担当した店舗では常に前年比110%〜130%の売上増加を実現。 2016年→ヒューゴ・ボスで再度パフォーマーとして活躍。 2017年→「販売・マネジメント」の観点からフリーランスとしてスタート。 2019年→企業に戻り郊外中心数店舗の「販売トレーナー」として現在活動中!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA