ZOZOTOWNの顧客動向分析

スポンサーリンク

待望の(?)ZOZOスーツ、twitter上ではちらほら届いた報告と感想がUPされています。データのとり方はちょっとめんどくさそうですが…。

そして計測データをもとにZOZO PB(ゾゾ プライベートブランド)のTシャツやジーパンを購入したユーザーからは、「感動!」の声もあれば「全然しっくりこない」の声も見受けられます。

なにはともあれ、話題にされやすいZOZOTOWN。

ZOZOTOWNではどんな人が買っているの?

(株)スタートトゥデイのIRから画像をひろってきました。

「アクティブ会員」の定義は、過去一年間に購入のあった会員です。ちなみにほかの資料から、8割以上がスマホから購入しているそうです。

最近はネットでもリアルでも、「若い世代はもっぱらAmazon」という話を聞いていましたが、グラフでは意外とハタチ前後が突き抜けていますね。

20~40歳くらいまでが主要客層、約7割が女性、地域分布は人口の多い都市がある関東、近畿・東海で約7割の35万人がアクティブ会員さんです。

単純に、主要年齢層の人口に比例してこの結果、とみてもあながち間違ってはいないように思います。昔は、通販と言えば地方の人が近くにショップがないために利用しているイメージもありましたが、いまとなっては東京に住んでいたって通販の人も多いです。

女性が多い理由ですが、朝の通勤電車などで周囲を見渡してみると、想像がつきます。

オフィス用のキレイ目カジュアル単品コーデって一番めんどくさそうです。「会社で着るのはアリかナシか」からはじまって、着回しを考えて、天気や仕事内容、帰りの予定によってアレはだめコレもだめ、となるわけですから、頭を悩ませている女性は多いと思います。

混雑した電車内でも、スマホを構えて通販サイトをポチポチしている人を見かけます。レディスアパレルの販売経験から、地方だと車通勤が多くて家から制服で出かける方もかなりいらっしゃいますが、電車通勤が基本の都市部ではそうもいかず、人目を気にしての被服費が増える傾向にあります。

仕事やお出かけに必要な(間に合わせの)服を、日常の隙間時間でスマホで買う、そんな流れでの利用も多いのではないかと思います。

気合の入った服は、さすがに試着しに行きますよね。最近の消費動向から、イベントやギフトの用意を直前にする方が増えているので、確実にしたいものは直前に見分けて店頭で買われる印象があります。  

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「キャリアの保険」無料セミナー@ZOOM ” Make your career choices” あなたのキャリアをデジタルで拡張せよ ulclomask予約開始 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
アバター
About 森野 70 Articles
森野 2018/7/1迄、TopSeller.styleブログ火曜日を担当。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA