【TopSellerがおしえる圧倒的に売るためだけの教科書 vo13】 圧倒的に売りたいなら「 えらぶな」

スポンサーリンク

こんにちは、TopSeller.Style「トプセラ」のヨツモト リョウヘイです。

先週のファッション業界はドルガバ中国炎上事件が話題でしたね。
僕のところにもめざましテレビさんから取材がきたりしていました。

詳細はこちら

ドルガバ炎上事件の中国完全勝利で今後のファッション業界のパワーバランスは大きく変化すると思ったから書く。

中国がどうたらこうたらの話題は置いておいて、ほんの10年前にくらべてもネット環境は恐ろしいスピードで進化し、今までは「日本」という枠組みの中で考えていれば済んだところ、そうはいかなくなってきてる。

ただ単に世界を目指して!世界をマーケットに!なんて言うのは簡単だし、実際ハードルも下がっている。
でも、「やる」のと「できる」では大違い。

今の常識がスタンダードとしか思えないマインドで「やる」と大きな問題を抱える事もある。
今回のドルガバの事件や対応を見ていると、考え方そのままでやっちゃった結果。に見えますね。

単にドルガバや中国だけの問題ではなく「もし自分が世界に打って出るなら」視点で見れると、この事件も「なんか大変そうだな」なんてニュースで終わらせることなく糧にできますよ。

 

さて、では恒例の復習から!

 

 

さて、今日は「選ぶな」です。
今までの流れだと「お客さんの商品を選ぶんじゃないぞ!」と先読みされる方もいるかもしれませんが、、、
本日は違いますよ。

選んではいけないのは、、、

 

お客様を選ぶなんて言語道断!

選んではいけないのは「お客様」です。
今までの教科書シリーズを読んでいると「ちょっとした勘違い」がそろそろ起こってきそうだなっと思って、ここいらで言っておきますね。
この教科書シリーズを読んでいると「あれ、積極的に接客しない方がいいのかな?」「買いそうなお客様だけに接客をするようにした方がいいのかな」なんて思いがちですが

違います。

圧倒的に売れる販売員は「入店したお客様全てにお買い上げの可能性を見出します」
いや、もっと言えば館内に歩いているお客様や他店にいるお客様。
自分の目が届く範囲のお客様全てに対して「今日買ってもらえるお客さんかもしれない」前提です。

言ってしまえば「数打ちゃ当たる精神」ですね。

ちょっと逆説的な話になってしまいますが、売れない販売員は「数も打たないから売れない」
これは売れない販売員さん全員に共通しています。(ヨツモト調べ)

最初にも書いたように、この教科書シリーズは「初心者お断り」です。
まだ販売初心者の方は、づべこべ言わず見えるお客さん全てに接客しにいけ。なんですよ。

なぜかと言うと、売れる販売員は必ず「誰よりも数多くの打席に立ってきて失敗も成功も数多く経験している」からです。

ただ、その「数打ちゃ当たる」やり方が少し上級テクニックを使っているからです。

 

今でもいつでも基本スタンスは「全てのお客様が僕から買いたいと思っている」なんて結構マジに考えている。

これ聞くと「痛いやつだな」なんて思うかもしれないでしょう。
お客様の立場で読んでくれているあなたには「なに調子こいてんだ、コラ」と思うでしょう。

でも、マジで思ってるよ。

だって、日本の小売店の中で「他の店の他の販売員から買うよりも、僕から買う事が一番付加価値高い」と思ってますからね。
これね、売れる販売員さんが大なり小なり思ってるはず。
なので「自分の目に入るお客様は全員とりにいくで」精神ですし、実際に数打たんと当たらねーわで接客してます。

ただ、やり方が違う。

全てのお客様にべったりついてストーカー接客のようにするわけではなく、

接客の準備段階から店内店外、目で確認できるお客様全てを「今日買ってもらえるだろう」前提で、何を見ているのか?今から買い物を始めるのか?何を好んで着ていて、どんな行動パターンの人なのか?
そんな事を観察しながら

できるだけ自分の守備範囲を広げながら無言のアプローチを仕掛けていってる。

売れる販売員は「買うお客様」を選んでいるのではなく「全てのお客様が買う前提で観察し、できるなら全部行く」そんな数打ちゃ当たるを実行しているんです。

お客様を選ばずに数打ちゃ当たる精神をいつまでも忘れない販売員。
それが「圧倒的に売れる販売員」への第1歩で。

では、また来週!!

 

PS

いつまでも忘れない、こんな気持ちもあります。
販売員を始めた時に先輩に教えてもらった事なんですけどね。

売場はステージ、販売員は演者、お客さんは観客。

 

「INFO」

【トプセラ執筆者が御社の「現場の問題」解決いたします。】
最近セミナーや販売トレーニングのお問い合わせが多いので、お問い合わせの入り口を作りました。
セミナー等のご相談はこちらから↓

トプセラ × セミナー

 

 

【TopSellerの執筆者が書く「表では話せない話」はこちら→トプセラ×note

 

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

 

音楽が好きという方でしたらどなたでも構いませんのでお気軽にぜひ🎶
「谷口部長のトプセラ音楽部」
登録はこちらから↓

 

僕の日々更新される「売れる仕組みの解説書」を作りました。
興味ある方はどうそ。

ご登録はこちらから↓
ヨツモトリョウヘイが作る「売れる仕組みの解説書」

 

TopSeller.Style主宰 ヨツモトのSNS

Twitterはこちらから↓

FaceBookはこちらら↓

noteはこちらから↓

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 147 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 元PaulSmith TopSeller。 アパレル販売員の情報サイトhttp://TopSeller.Style 主宰。 5歳から物売ってた販売歴35年のスキルを持つセールスコンサル。 
最近のお仕事はBMWjapnアパレル部門の専属コンサル。
 でも、基本は小規模なアパレルブランドのコンサルが好きです。
 ファッション専門学校の非常勤講師もやってる。 個人ブログ > ryoheiyotsumoto.com お仕事のご依頼 > https://play-marketing.com/contact/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA