あなたの感覚を理論化できれば100万分の1になれる。

ヨツモトです。

 

あなたの「能力」をお客さんに買ってもらう方法。

 

まず既にあなたの接客という「能力」を

買ってもらっているというコトに気が付く事。

 

あなたは当たり前に出来るけど、

周りの99人はなかなか出来ない「コト=能力」を見つける。

つまり1/100を見つける。

 

その「能力」をより明確化して、更に1/100になる。

1/100 × 1/100 = 1/10000 の存在になる。

 

ここまでをお伝えしました。

 

今日は1/10000に最後の「1/100」を掛け合わす方法

をお伝えしていきたいと思います。

 

 

接客という曖昧な領域を理論化する事コト

 

1/10000の「良く売る」販売員。

 

周りのヒト達が簡単に出来ないコトに気が付き

自分の武器として磨き上げてきた結果、

多くのお客さんから買ってもらえ、周りの評価を

勝ち取ってきた販売員です。

 

しかし、多くの良く売る販売員に「なんでそんなに売れるの?」

って質問してみても誰もが理解できるような明確な答えが

返ってくることは稀です。

 

良く売る販売員も、「自分の感覚」を頼りに

売上を上げていることがほとんど。

 

ですので、店や売るモノが変わったり、環境が異なると

その感覚が通用しなくなり「良く売る販売員」で

なくなってしまう事が多々あります。

 

どこの店、どんな商品、どういった環境であっても

常に安定して圧倒的な売上を作っていく為には

 

感覚という曖昧な「能力」を理論化していくスキル

 

が必要になってきます。

 

 

モノしか見えていないヒトは失敗する

 

感情を理論化するコトにより、あなたが持つ能力を

いつでも、どこでも、どんな時でも発揮するコトが

最後の1/100になります。

 

1/10000×1/100 = 1/1000000

 

つまり「Top Seller」の領域。

 

 

毎日おこなわれる、あなたのお客さんへの接客。

 

ただ単に「モノ」を売って売上をあげようと思って

接客しているのと、自分の能力を何故お客さんに

買ってもらえているのか?を考えながらしているのでは

接客自体のクオリテイも圧倒的な差がついてきますし

自分の能力の理論化するスキルも身についてきます。

 

ただ単にモノを売るコトを目的とした接客と

自分の能力をお客さんに買って貰おうとする

接客は全く別物という事ですね。

 

モノを売ろうとする販売員は商品知識や

モノの良さを前面に押し出して接客をしていきます。

 

逆に自分の能力を買ってもらおうとする販売員は

お客さんが何を困っているか?という視点で物事を

考えて接客をします。

 

前者は「モノ」が変わったとたんに「販売力」を失います。

もしくは、自分が得意とする商品がいつもなければ

売上を上げる事ができません。

 

一方後者は「お客さん」からスタートしているので

そのお客さんの問題を解決する為に「商品」を

選んで提案します。

 

ですので、後者の方が商品に左右されずに

売上を作るコトが可能になります。

 

 

100万分の1になる為に

 

もしあなたが「TopSeller」までたどり着きたいと

思うのなら、この「感覚」を「理論化」してください。

 

最後の1/100を「理論化」にするコトによって

100万分の1を目指してください。

 

その時、あなたはどこの売場にいても

代替えの効かない販売員になっているでしょう。

 

勿論、物事には順番があります。

今のあなたがいるステージによって取組内容も

違ってきます。

 

また、この100万分の1の存在になる考え方は

販売員だけに限った話でもありません。

 

ファッション業界で存在する他のカテゴリーの

仕事に従事するヒトにも当てはまります。

 

今後も、この「能力」をお客さんに買ってもらう方法を

お伝えしていきますが、販売員をあなたに是非置き換えて

インプットしてみてください。

 

もし、あなたがより深く、より早く「TopSeller」のマインドや理論を

知りたいと思っているなら。

 

こちらへどうぞ。↓

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 53 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA