客数が減って客単価が下がるこの時期だからこそ今目の前のお客様にいかに買ってもらえるかだけ考える

スポンサーリンク

こんにちは、水曜日のタニグチレイです。

連日暑い中体調は大丈夫ですか?
ボクは熱中症?でふた晩寝込んでしまいました。
なんとなくボーッとすると感じたらムリせず休んでくださいね。

今日から8月。
暑い中でも来ていただけるお客様に楽しいでいただきましょう。

 

来店する理由がないときでも来てくれるお客様にだけ集中する

本格的に夏休みに入る8月。

休みの日はお子様と出かけたり長期休暇は家族で旅行など。
夏に必要なものはもう買っているしそれ以外のものにお金を使うことが多い。

言ってしまえば特別お店に行く目的がなくなる時期ではあります。
客数は減ってしまいますよね。

 

何か解決策は必要です。
いつものままでは売り上げが落ちるだけ。

 

正直売りげを上げるのは難しいかもしれませんが落とさないことはできるはずです。

 

来店客数が減っているとは言っても全く誰も来ないということはないですよね。
予算やセット率などを考えることはとても大事なことです。
でも店全体の大きなことを考える前にいま目の前におられるお客様のことだけ考えてみてください。

 

いま来てくれているお客様はなぜ来られたのだろう?
いま来てくれているお客様は何を目的に来られたのだろう?
初めて来てくれていると思うが他の系列店には行かれている方かな?
ここのお店を知って来てくれているのかな?たまたまお出かけのついでかな?

目線の先や手に取られるものを見てると今日はこういったものを探されているのかな?
見て歩く速度を考えるとそのまま出て行かれそうだからあの辺りで声かけたほうがいいな。
セールもあるが特にこだわっている感じではないから探されているものがあるのかもしれないな。

 

普段よりも意識をしてみてください。
来店されるお客様全てに一月間はなかなか大変だと思います。

 

普段していることですがもう一段集中してみてください。

 

来店客全員に買ってもらうくらいの気持ちで店頭に立つ

観察力や洞察力を上げましょうということではありません。
それだけで何か買っていただけるわけではありませんから。

 

でもお買い上げにつながるきっかけはできるはずです。

 

個人売りがノッテいるときってアプローチのタイミングや瞬間的な勘や無駄のない動きなど全てがうまく噛み合ってないですか?
きっと短時間でも集中できていたり周りがよく見えているからだと思います。

 

店内にいるお客様がどこにいて誰が何を見ていてあの方は聞きたいことがありそうだなとか把握できている時はお買い上げに繋がっているのではないですか?

 

現在来店客数は少ないかもしれません。
お客様の買い物のモチベーションも高くないかもしれません。

 

しかしその環境に影響されず今お店でできるベストパフォーマンスをこのひと月やってみましょう。
それこそ来店されたお客様全員に何かしらお買い上げいただけるように。

 

来店客全員は簡単ではないですよね。
それこそひと月に数回あるかどうかではないですか?
いやもしかしたら半年に数回あるかどうかくらい?

 

それができたら会社に言ってやったらいいんです。
「来店されたお客様への売り逃がしはありません。もっと売り上げをあげるなら集客なにかできませんか?」
って。

 

今月セールでお得に買えて満足してもらえたら月中にもう一回買いに来てくれることも大いにあり得ます。
初めて買ってみたお客様とかなかなか買い物に行けなかったお客様だっておられます。
セール時期ならではかもしれませんがそういったお客様がセール終了するまでに買い足すために来てくれます。

 

もしそうだとしたらまずは最初の来店で買っていただいてこそです。
改めて来ていただけるときのためにしっかりと覚えておきましょうね。

 

買っていただけるのも買っていただけないのもどっちにも理由はある

どんな時でも買っていただいた時には理由があります。
逆に買っていただけなかった理由もあります。

商材的にどうしても提案できないことは仕方ありませんが今回のお客様にはなぜお買い上げいただけなかったのか?
たまたま来られたお客様だったがなぜ今回お買い上げいただけたのか?

 

そんな理由もこのひと月いつも以上に考えていってみるのもいいと思います。

 

いつもしていることをいつもよりちょっとだけ意識的に。
時間的に余裕が出てくる時期だからこそ毎日を少しだけ更新する。

 

このことが癖づくと急な対応や瞬間的に混み合ったときなども冷静に対応できます。
これから秋冬シーズンに入っていくまでに少しずついつもより意識してみませんか?

 

興味を持たれた方はぜひこのTopseller.styleでお付き合いください。
では、また来週。
 

夏のトプセラ「サービス祭り」
ヨツモトの「アパレル販売員の公開お悩み無料相談所」
「トプセラ男前VMDがあなたのお店コンサルしちゃいます!」

お申し込みはこちらから↓

 

「オフホワイト」という最先端で刺激をもらうのもありかもね。

最後に、もっと手っ取り早く「環境」を変えたいなら、、、
とっておきの情報もありますよ。
ちっせぇ事すっとばして「今の世界の最先端」で刺激を受けるのもありかもね。

【PR記事】「Off-White」「rag & bone」で働けるチャンス! 株式会社イーストランドより販売スタッフ募集

さて、あなたはどの「刺激」がお好みですか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
谷口玲
About 谷口玲 113 Articles
1976年3月生まれ。 販売員歴17年。 ヨーロッパ系デザイナーズセレクトショップで販売スタート。 Paul Smithでは関西4大丸勤務。 ミセスセレクトショップは立ち上げから関わる。 レザーグッズブランドでは全国初のオンリーショップ展開に貢献。 現在、フリーランスの販売員、非常勤講師 個人ブログ:http://taniguchi-connector.net

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA