店舗VMDになる最良のタイミングを考える

スポンサーリンク

今までの人生でラッキーなのは常に周りの人に恵まれると言うキセキ。

このトプセラもそう。読者さん、メンバーみんな良い人で、参加したすぐから楽しくやらせてもらってます。

 

感謝感謝です。

 

そんな訳で(どんな訳!?)今回は店舗VMDを担当するタイミングはこれが良いのでは?ってのを書いていきます。

 

それでは、スタート!

 

ちょっと昔話

あまり、興味も面白みもないと思いますが自分が店頭にいた頃のお話をちょっと。

僕が販売をやり始めた頃、今からちょうど20年前(もうこの年数経ってるのがコワイ)は僕のいたブランドには正式に店舗VMDという役職と言うか役割はありませんでした。

当時、外資を除くとしっかりとしたVMDがあったのはファイブフォックスやワールドぐらいでしょうか?

基本は大体店長判断でレイアウトしていたと思います。そんな中僕のいた店舗では副店長が専門学校卒で、カラーの勉強などをしていた事もあり店舗VMD的な役割をされていました。

で、それを見て「僕もやりたい!」と思った次第です。

だってその人が意図したモノが意図した通りに売れていくのを見るとそりゃやりたくなりますよね 笑。

そんな事を考えているとタイミング良く?その方は異動となり、自分が副店長になると同時に志願してVMD担当にしてもらいました。

専門的な事を勉強した訳でもなく(大学は法学部でしかも中退)ホントにゼロからのスタートでした。初めはきっとメチャクチャなVMD組んでたと思います 笑笑。

それでも我慢強く任せてくれていた店長や周りのスタッフには感謝しかありません。

ちょっと昔話が長くなりましてが…。

何が言いたいかと言うと、タイトルにもありますが大切な事は「店舗VMDになるタイミング」だと思っています。

 

 

店舗VMDの理想は副店長かトップセラー

これは別にそれ以外の人がするなと言う訳では無いので誤解なきよう…。

では何故このタイミングでVMD担当になる事を推奨するかですが、1つはVMDが数値を根拠にする為に数値分析が常日頃から出来ている人が良いと言う事。また、トップセラーであると言う事は誰よりもお客様に接して成功体験を持っていると言う事。大きくはこの2つの要素が満たせる対象として副店長とトップセラーを推奨しています。

なので!それ以外の人でも上記を満たせば問題無いかと。

1番マズイのは新人にやらせる事と、店長にやらせる事だと思っています。

店長が担当する場合のマズさは、意見や要望を出し辛いく、良くも悪くもワンマンに陥りやすいと言う事。

 

店長に遠慮なく意見を言えるならともかく、あんまりそんな関係の人少ないと思いますしね。言えるならツィタランドに愚痴は無くなるのではないかな?と。 笑

 

その逆に新人に任せるとなるとちょくちょく口出しされて、結局は目上の人間に誘導される形になりやすいと。

 

それに前述の分析なども難しい上にその他の覚える事が多すぎてかなりの負担になるのでしょうしね。

そんな意味合いでこのタイミングで担当する事を推奨しています。

と、まぁ「この人何言ってんの?」と、思われるでしょうが今までに見てきた、接してきた店舗VMDや本部VMD、はたまたフリーランスVMDの人達を見てると凄く感じる事なので書いてみました。

 

人によってタイミングはマチマチだと思いますがベストとは言えなくてもよりベターなタイミングはこれかな?と、今現在は思います。

 

それではまた来週。

毎日更新中。フォローお願いします!

VMDに関する過去記事はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

トプセラ過去VMD記事

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
アバター
About Kaz 53 Articles
ドメスティックブランド、ラグジュアリーブランド(全てメンズ)で販売及びVMDアシスタントとして経験。販売歴10年。販売時代は店鋪VMD、CRM、スタッフ教育など全てをこなすオールラウンダーとして活躍。その後現会社にVMDとして入社。基本ミセスアッパーブランドを軸に、卸展示会、SC系レディースから百貨店の婦人服、雑貨のブランドを経験。販売経験を元に顧客目線、販売員目線でのVMDを得意とする。店作りのモットーは『買い易く、働きやすい 顧客にもスタッフにも優しい店作り』

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA