「女性販売員の結婚&出産とキャリアアップの悩み」に先輩アパレル販売員が答えます。

スポンサーリンク

こんにちは、TopSeller.Style「トプセラ」のヨツモト リョウヘイです。

今週も全国の販売員さんが集まるグループ「Seller’s room」であったトピックをお伝えしますね。

本日のお題は「女性販売員の結婚&出産とキャリアアップの悩み」です。
販売の仕事に従事する女性の比率は、他の業界に比べても高い業界だと思います。
だからこそ、キャリアアップと出産の悩みは多くの販売員さんが抱えていると思います。

今回も現役の販売員の悩みを現役の販売員のみんなで相談にのり、答える。
そんな流れで話は進みます。

 

皆さんは、結婚とかキャリアとかライフプランや、お仕事とプライベートとの兼ね合いで悩むことはありますか??

今の会社で、やる気だけは充分!という感じなのですが、やっぱり全国転勤可の区分の社員にならないと店長以上の出世は微妙…みたいな話を聞いて、でも結婚予定の彼氏と同棲しているので、簡単に私だけ転勤するよ!と言うわけにもいかないし…と最近悩んでいます。。。

皆さんのお勤めになっている会社はどんな感じですか??

そんなの当たり前じゃん!甘いよ!と、言われればそれまでなのですが…。。。
あまりこういう話をする機会も無いので、同じ職種の皆様にもお話が聞けたら嬉しいです!

 

現役女性販売員さんからのアドバイス no1

30を目前に控えるぎり20代なので、大学卒業時の就活のときの会社に求める条件と、結婚を控える年齢になってくると全然変わってきますよね。

私も凄く悩んでいたので、分かります。

私の場合なのですが、社内の方がキャリアプラン、ライフプランを明確に立ててる方が多く、27歳の時にその当時の店長に、

「自分の人生なんだから、仕事だけじゃなくて(キャリアプランは半年に一回大きな査定がある際にしっかり考えたものを提出しないといけないため、嫌でもプラン立てをしていたのです。)

仕事
お金
プライベート

それぞれを60歳までの計画を毎年明確に立てた方がいいよ!」

と、言われ、はっとしました。

そして、その三つの計画を立てるようになってから自分の人生や目標が今まで以上に明確になったので、

まずは自分がどんな人生にしたいか?
↑これはただの希望で良いです
それを何才に叶えるか
そのためにはいくら必要か
それには今の会社で大丈夫なのか、もしくは今の役職で大丈夫なのか

と具体的に落とし込んでいくと答えが出てきたのでオススメです。

私の場合は、外資に勤めていて他のブランドで店長経験者の方が引き抜きで入社してる人ばかりの環境のため(自分の人生を考えたときにキャリアアップや旦那様のために会社を変えたそうです)、お金やキャリアアップに貪欲な女性が多いので、人生プランや保険の話をよく店頭でもしております(うれし泣き)

↑ちなみに私は派遣から直接雇用になったラッキーだっただけなので未だにペーペーです。笑

27歳の時は全然考えたこともなかったですが意識して日々を過ごしていると、考え方とかも凄く変わりました(^^)

会社の人に素直に相談してみるのも大きなヒントになると思います。

 

現役女性販売員さんからのアドバイス no2

全国転勤ありの今の会社に入社して
転勤と出向、転籍を経て、結婚のため
転籍先の会社を退社しました。

夫とは一番最初の勤務地である、
今現在住んでいるこの地方で出会って、
その後6年間、遠距離恋愛でした。

出向で上京した時、最初こそ戸惑ったものの、そこの仕事がめちゃくちゃ面白くて、その当時出会った上司が尊敬できる女性ばかりであったこともあり、迷わず籍を移し、本格的に転籍先の会社で店長職以上のポジションにつくということを考えていました。
それと同時に遠距離恋愛している夫との結婚のことも頭にありました。
ですが、そこの会社の店舗は夫のいる地方には皆無で、実質仕事か結婚かを選ばざるを得ない状況でした。

結果的にわたしは結婚を選んで、そこの会社を退社したワケなんですが、人生プランを考えて抜いてそう決めたわけではなく、…成り行きでそうなりました(笑)

確かに仕事はめちゃくちゃ面白くて会社でもっと上のポジションからも仕事をやってみたいとも思ったのですが、店舗で店長としてマネジメントする姿以上の仕事を想像できなかったのが決め手でした。
エリアマネージャーとか、本社の営業企画とか、売場を離れて仕事をする自分の姿がうまく想像できなかった。
その時は店長職でしたが、やっぱりお客さまや、販売の最先端で頑張るスタッフと直接関わる時間が、たまに面倒でも(笑)好きだったので。

それに比べると6年も遠距離で続いた夫との結婚生活は結構楽しそうだなと想像ができたのです。

なんとなく30歳という年齢をメドに結婚し、数年ぶりにこちらに戻ってきて、新入社員の頃働いていた、転籍前の会社のお店がリニューアルする際に以前の上司からお声がけいただいて現在に至ります。

わたしと夫の場合、お互いにあまり執着心がないのと、お互いあまりモテないので(笑)遠距離恋愛もそこそこうまくやれてたと思いますが、レアケースなのかなぁ。

あと、結婚当初は自分のキャリアを捨てて嫁に行くということにいつか後悔するかもしれないと思ったりもしましたが、そこを後悔したことはありませんでした。
結果的に今、好きな仕事も続けられているので、そこそこ幸せです(笑)

キャリアや将来のことを考えるのはとっても不安だと思います。
でも、なるようになる時もあるし、ある程度のところでシンプルに答えが転がってくることもあるかもしれません。

もし行き詰まりを感じているなら、
気やすめ程度にでもなればいいのですが。

 

現役女性販売員さんからのアドバイス no3

この件は自分が経験してきたことで黙っている事が出来ませんでした。

私は2人子供がいます。1人目を出産する前に仕事をしていましたが激務の為仕事を辞めました。
しかし、仕事が好きで諦めきれず出産し子供が生後半年で就職し、その会社で2人目の子供を出産する前は店長をしていましたが、育休を終わり復帰する時に2人子供がいたら店長は出来ないと言われて降格となり1スタッフとして復帰しました。

私はその会社の対応には納得する事が出来ませんでした。
子供が2人いても女性が店長をする事は出来ます。
結婚、出産することは女性にとってキャリアが一旦ストップする事にはなりますがマイナスのことでは無いはず。

大好きな製品を取扱う会社ですが退職しました。
そのように女性を扱う会社に身を置くことは私には出来ませんでした。
今は、転職し外資の会社で働き1年となります。

店長候補として見ていただき子供がいるからとマイナスに感じたことは今のところありません。
成績をきちんとあげることで評価されるからです。
私は、子育てなどを半々でしてくれている夫がおり理解があるパートナーがいる環境ではあると思いますが、夫にもきちんと自分の考えや仕事の目標などを共有してきたのでこういった環境があるとも思います。

私は、納得出来ないことは納得出来ないと伝え、それでも会社が変わらないのであれば自分が居場所を移すことも考えるのもありかなと思います。
結婚、出産して働き続けるのは確かに大変ですが、我慢し過ぎずに自分の価値を自分で信じて進むことも良いのかなと思いました。

ここで発言するのは少し勇気が必要でしたが、私は働く女性に結婚出産でやりたい事を諦めて欲しくないのでお伝えしたいと思いました。

 

現役女性販売員さんからのアドバイス no4

わたしは7年間勤め、その途中の24歳で結婚しましたがその時は退職しませんでした。

ですが、不妊治療(死にかけて入院するレベル)をするために28歳で退職しました。

わたしは途中産休育休をとり定年まで勤めるつもりだったので、まさかこんな理由で退職するとは思いませんでしたが、こういうケースもあるよ、ということで…(ホッ)

余談ですがおかげさまで授かり、今は子育てメインの日雇い派遣で、前職と同じブランドを売っています。

いつか必ず正社員で戻りたいので、いまのその下積み期間です。

 

 

販売員の人材不足、人材難と言う前に、もっと見直すところも多いのでは?

アパレルの販売の現場には女性の方が多く活躍していますが、まだまだこのような事は多い。
人材不足、人材難と言われる小売業界。
今一度、女性の働く環境を見直してみてるのはいかがでしょうか?

 

「INFO」

【トプセラ執筆者が御社の「現場の問題」解決いたします。】
最近セミナーや販売トレーニングのお問い合わせが多いので、お問い合わせの入り口を作りました。
セミナー等のご相談はこちらから↓

トプセラ × セミナー

「売れる販売員」のセールススキルの総集編はこちら↓

 

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

 

ご登録はこちらから↓
ヨツモトリョウヘイが作る「売れる仕組みの解説書」

 

TopSeller.Style主宰 ヨツモトのSNS

instagramはこちら

Twitterはこちらから↓

FaceBookはこちらら↓

noteはこちらから↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 192 Articles
PLAY inc 代表/セールスコンサルタント 日本で1番アパレル販売員を育てるメディア「TopSeller.Style」主宰 ヒューマンアカデミー ファッションビジネス科 非常勤講師 <略歴> 元PaulSmith(JOI’X CORPORATION)全国売上1位。 2009年アパレル雑貨製造企画メーカーとして独立起業。 2010年メーカー業と並行し店舗運営事業を開始。 2015年アパレル向け総合コンサルティング会社PLAY設立。 事業を個人主軸にした活動に集約。 現場に立つコンサルタントとして活動開始。 現在は「ファッションで人を幸せにする人達を幸せにする」をテーマに セールス、マーケティング、ブランディング、店舗マネジメントなど総合アパレルコンサルティングサービスを提供中。 <直近の主な仕事一覧> BMW japan Motorradアパレルセールスコンサルティング Lee japan 直営店事業部 人材マネジメントコンサルティング 三井不動産新規事業部 リテールマネジメントコンサルティング 林五「KUBERA9981」リテールマネジメントコンサルティング Ajioka「GANZO」定期セールスセミナー

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA