【女子力向上】あなたの接客スキルを更に高める礼儀作法。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!

 

TopSeller.Style女子力向上担当のCANAです。

 

トプセラの日曜担当をさせて頂いてから早9ヶ月が経とうとしています。早いな~。

ちなみに木曜担当のKazさんも同時期に仲間入りしました。同期がいるって本当に素晴らしいです。継続する力になっています。丸一年経ったら何か自分にご褒美をあげようと考え中^^毎日使えるお洒落な食器にしようかな。

 

 

さてさて、今日は会話術についてお伝えしていきますね。

基本的に私の中で接客業=お客様に喜んでいただくものだと思っています。

それに加え忘れてはいけない重要な掟があるのですが一体何だと思いますか?

 

 

 

 

そう!それはお客様に恥をかかせないことです。

言い換えるとすればお客様の顔を立てること。

というのも先日お洒落なマダムがお店にご来店された際、iPhoneケースを手に取りこう言ったんです。

「あら、このiPhoneケース可愛いわね、サイズは何かしら。あらiPhoneじゅうなのね。」

 

ここで私の脳内センサーが反応しました。

皆さんも分かりましたよね。このお客様はiPhoneX(てん)を(じゅう)と仰ったのが脳内センサーが反応したポイントです。

 

そこで私がどう返したのかというと、

「そうなんです。可愛いですよね。お客様は現在iPhoneじゅうを使われてるんですか?」と、お客様と同じ目線で会話を続けることをあえて選択しました。

 

小さなことでと思われるかもしれませんが、人って自分が発した言葉をその後他の人から言い改められるのは結構恥ずかしいと思うものです。

中には恥をかかされたと思う方もいらっしゃいます。なのでよっぽどのことがない限りそのお客様の世界に入りお客様の言葉に目線を合わせることが大切です。

 

今回はiPhoneの話を例にしましたが、他には

デニム↔︎ジーンズ

ショルダーバッグ↔︎ポシェット

レギンス↔︎スパッツ

などが挙げられます。

 

自ら率先してお客様の年齢に合わせるというよりは会話の中でお客様が使う言葉を聞きながら自然と近づけていくスタイルが理想です。

以前いたスタッフで会話力がずば抜けて高くどんな年齢層のお客様でも最後は笑顔にさせて心地よい気分にさせる人がいました。

何なら商品の説明よりもお客様が話す量が8割でそのスタッフは上手に相槌や共感の言葉を使い、気付いたらレジでお会計になっているという本当に凄い人なのです。

そのスタッフもやはりお客様の世代に合わせて言葉を選び目線を合わせて話すことが超重要と言っていました。

 

特にこのGW期間は家族揃ってのご来店やカップルでのご来店も多いかと思います。

女性だけではなく男性へも配慮をし、大切な女性の前で男性の面目を潰さぬよう尊敬の目を持って接客していきましょう。

それでは今日はここまで!

 

皆さまのGWがハッピーなものになりますように!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
CANA
About CANA 96 Articles
元国内線CA、機内販売商品のデザイン経験あり。現在外資系ラグジュアリーブランド販売員として勤務4年目、店長補佐。 過去には大手料理教室で基本のクッキング・ブレッド・ケーキコースを受講。 料理の楽しさに目覚め、現在は月に一度、個人の料理教室で時短料理を学んでいる。 また昨年栄養学について3ヶ月学び、食べることで代謝を高め健康的に痩せる方法を勉強したことから、忙しい販売員でも出来る簡単時短料理をブログにて発信している。 好きな番組はNHKの「きょうの料理」 目標は自身の料理教室を開講すること。 女性販売員が綺麗に楽しくいきいき働けるための情報をあなたにお届けいたします。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA