ECはやらなきゃヤバいのか?

スポンサーリンク

EC、やらなきゃヤバい」で始めるのがヤバい ファッションフリークOLWWDジャパン」最新号につぶやく

「なんでやるか」を明確に設定しきれていないということです。SNS運用に関してもそうですが、「やらなきゃヤバいらしい」という感覚で始めても、目標設定や社内でのECの立ち位置は曖昧のまま。「ECを使って売り上げを伸ばしたいのは当たり前だけど、それ以外に求めるものってなんですか?」と聞きたくなります。そもそも「EC化率◯%」を目標にする時点で、シームレスな考え方ができていないのでは?とも思うのです。

WWDの新コンテンツにて、めっちゃ痛快なコメントがありましたのでピックアップしました。まさにこの方の仰る通り、なんとなくECをやりたがる事業者の方は多いと感じております。では何故、こんな考え方になってしまうのか?僕なりの見解を記しておきたいと思います。

 

売上が上がりそう

まずは単純に、ECやったら売れそう、と思ってる人たちが多い気がします。特にメディアがよく報じる、大手アパレルのEC売上が右肩上がりに上がっているのを見て、自社も参入しないと!と思ってしまうかもしれません。しかしその実態は、既にブランドに一定数顧客がいる。そして認知度のあるブランドが売れているに過ぎないのです。そして中には、店舗の売上が下がっていて、トータルするとマイナス成長のブランドもあります。

余談ですが、そういったブランドの社内ではEC部隊がいくら頑張って売上あげても「ECだから伸びて当然」と思われているようで、頑張っても報われない感がすごいです(笑)

結局、何が言いたいかと言いますと、いつも言ってるようにEC始めたからといって新たな需要が生まれるという訳ではなく、一部のブランド力があるアパレル以外はスタートしてすぐに売れるなんて事はありません。

 

参入しておかないと後々苦労しそう

これは気持ちはわからなくないです。特に卸業者などの店舗を持たない事業者からすると、百貨店やセレクトが弱ってきていますから、自社で小売をやらないと死活問題です。しかし、小売をやるにしても実店舗はイニシャルコストが高く、参入し辛い。そこで比較的安価でスタートできるECをやろう!というのは理解できます。既に有名セレクトに入っていたり、流通量が担保されているブランドであるなら、ECをスタートしても指名検索からすぐ売れる見込みはあるでしょう。しかし、ブランド認知も無く、顧客リストも無い状態からスタートする場合は、事前に自社の流通戦略を練ってから参入しないと、スタートしても売上ゼロが続く、なんて事になりかねませんのでご注意を。

 

恐らくは大体こういった理由で「EC、やらなきゃヤバい」と思われている事業者が多いのではないでしょうか。確かにここ数年、ユーザー動向はインターネットにより劇的に変化していますし、Webでお買い物する人は増えました。ECは場所の制約が無いので、今までリーチできなかった人たちにリーチできる可能性もあります。しかし、Webでもリアルでも結局物を言うのは「ブランド力」に他なりません。それをどのチャネルを使って強化していくのか?が根幹に無ければ、いくらECをやっても売上を伸ばすのは難しいでしょう。海外のD2Cブランドの成功事例に踊らされて無駄にお金を失う前に、自社の販路について一度落ち着いて考えてみてはいかがでしょうか。

 

トプセラ3周年イベントの概要が決まりました!

 

全国のアパレル販売員が集まる日本最大級無料コミュニティ

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
深地雅也
About 深地雅也 162 Articles
株式会社StylePicks CEO。コンテンツマーケティングをメインに、ECサイト構築・運用・コンサルティング、ブランディング戦略立案、オウンドメディア構築、販促企画などをやってます。最近はODM・OEMメーカーのブランド設立支援、IT企業のアドバイザー、服飾専門学校講師、ライター業なども手がけてます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA