1月行事から立案する「店舗販売戦略」

スポンサーリンク

こんにちは。TopSeller.Style店舗マネジメント担当の金田です。

本日は”X’mas イヴ”っ!

って出しゃばりましたが、本日も普通に働いております。今日、明日は一緒にクリスマスプレゼントを買い来られるお客様が多いでしょうね。

例年で言うと明日25日で一旦動向としては落ち着きます。そして金曜日には世間一般的には仕事納めとなり、週末からはいよいよ「年末年始商戦」を迎えます。

ということで、恒例の「行事から立案する販売戦略〜1月ver〜」をお伝えします。毎度ながら、1月行事から考えられるお客様の”需要”を基に、僕自身なりに推測した「販売戦略」であります。

内容によっては「関係ない!」「当てはまらない!」があると思いますが悪しからず。必要な部分を「自店戦略」に活かすなり肉付けするなり参考にして頂ければと思います。

 

1月「行事」から予測・考察する”戦略ポイント”

あたり前ですが、「1月」と言ったらもう”お正月”が大々的な世の中のイベントですよね。

言い方変えれば「年始」となるわけですが、私達店舗にとっては「年始商戦」、謂わゆる「セール商戦」が最大のイベントとなります。

「初売り〜福袋〜」

まずは、「初売り」。1日からの営業、2日からの営業と施設によって異なりますが、「初売りの目玉」と言えば”福袋”です。店舗としては、福袋の売上で初日の売上を加速させたいのが本望。是非とも余らすことなく完売させたいですよね。

では、「福袋完売」に向けたポイントです。

好回転のレジオペレーション

声出しや積極的におススメする事ももちろん大事ですが、いかに「レジの好回転」ができるかが僕自身は大事だと考えております。

出来るだけレジ待ち列を少なく、いかに早いレジ対応ができるか?ってことですね。

レジ対応のスピードが早いスタッフが担当することはもちろん、レジ列対応の方の購入時に必要なポイントカード系の事前準備のアナウンスの徹底も好回転する為に大事なポイントです。

それぞれ役割を決められてると思います。役割全体が機能する事が求められるので事前に店舗でシュミレーションしておくことをオススメします。

「セール商戦」

さて、「福袋」が終わればメインの「セール」です。

ここも同じように、店舗オペレーションが必要になってきます。ここで特に機能させたい大事な役割の方が「フィティング担当」の方です。

前回の記事でお伝えしましたが、

フィティングルーム使用時の試着点数の制限

フィティングルーム使用待ち客のオペレーション(順番)

というルールの徹底はもちろん、

「フィティングルーム(試着)の使用はボトムスとワンピースが基本は優先になります」

・「試着点数は◯着しかできません。よろしけばサイズ違いも一緒に」

などのお客様への事前の「確認とアナウンス」の徹底と、レジ同様に好回転でフィティングが回るよう「的確にアドバイス」できる買上率の高いスタッフの配置をオススメします。

 

次にフィティング担当以外にも大事な役割の方が、店頭整理、フォロー担当の方です。店頭商品を購入して頂くのか?在庫商品をお渡しするのか?を事前に考えておきましょう。

アウターは在庫品で対応するなどアイテムで絞っておくのも良いかと思います。

 

以上です。

ということで最近よく使う言葉ですが、

いかに”効率良く”売上を獲得できるのか?

が繁盛期(セール期)は「客数獲得の最大化」には必須要素です。

各役割が機能するようミーティングなどで事前にルールを決め、シュミレーションしておきましょう。

良い形で「年始商戦」乗り越えましょう。

 

今回の投稿で1年間に及んで月別の「販売戦略」を投稿したので、今後も月毎に参考にしてください。

 

ご挨拶

私ごとでありますが、今回の記事を最後に「Topseller.Style」を退くこととなりました。

立ち上げから約3年半、初期メンバーとして「販売員の地位向上」を目指し、主に「店舗マネジメント」の内容で毎週投稿してきました。(毎週書いてた事は誇れます!実に172話! 笑)

「店舗マネジメント」は店舗環境、スタッフのスキルやモチベーション、また人員体制などによって”求められる形”はその都度変わってきます。共通する事もあれば共通しない事、正解も不正解も1店舗によって様々です。

マネジメントする上で大事なのは、店舗独自の「適正」を店長は見極めていかないといけません。

だからこそ日々の動向の考察はもちろん、スタッフ達に対する理解力など様々な場面での”対応力”は必須です。

「この店舗(チーム)をどう活かすのか?どう機能させるのか?ベストなのか?」

ということを”統率者”として常に追求していく事が求められます。これまで自身は記事を通して「上位者(店長)としての姿勢」の部分を主に強調しお伝えさせて頂きました。

最後になりましたが、これまで自身の記事を読んでくださった方、またセミナーにもお越し頂いた方、ツイッターを通してコメントを下さった方、誠にありがとうございました。

簡単なご挨拶となりましたが、今後も同じ業界人として読者の皆さんのご活躍を影ながら応援しております。

もちろん今後は読者として「トプセラ」の益々のご繁栄も願って!

ありがとうございましたm(__)m

 

皆様良いお年をお迎えください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
金田 拓巳
About 金田 拓巳 172 Articles
販売員歴14年(店長歴7年) (株)ワールドストアパートナーズ 入社初月から店舗個人売上実績1位。1年目後半~ブランド内全国個人売上1位をサブまでの3年継続。異例の早さで「店長」へ昇格。 店長就任後、部下スタッフを同様に全国区の販売員に育成し。担当した店舗では常に前年比110%〜130%の売上増加を実現。 2016年→ヒューゴ・ボスで再度パフォーマーとして活躍。 2017年→「販売・マネジメント」の観点からフリーランスとしてスタート。 2019年→企業に戻り郊外中心数店舗の「販売トレーナー」として現在活動中!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA