対立、衝突などあって当然。

スポンサーリンク

こんにちは!セールス、店舗マネジメント担当Kosuです!
ツイッターはコチラ!(@kosu_style

リアル店舗は厳しい状況があるかもしれませんが、負けずに今日もやっていきましょうー!

というわけで早速テーマに!

あなたのお店ではスタッフ間で言い合いやケンカってありますか?
物々しい、聞き方ですみません。

意見の対立や店舗方針に納得がいかないことってありませんか?

そういったときに起こる、対立や衝突ってあったほうが良いのか?ない方がよいのか?

僕の答えは、あってよい、やりあえばよい!です。

衝突がないことは良いことのように聞こえます。
しかし、スタッフの意見が表に出ていない、あきらめている場合があるようにも思います。役職など立場もあるでしょうし。
僕は衝突、対立することは店舗のレベルが少しづつ上がるためには必要なことと考えています。

穏やかではありませんが、、、

なぜ起こる店舗内での衝突

店舗は多数の人の集まりです。それぞれ一人一人、働く目的、成し遂げたい物があったりします。

ブランドを良くしたい。
売上を上げたい。
スキルを身に着けたい。
お金が欲しい。
などなど。

その人の信条みたいなものでしょうか?
その熱量が一人一人高い場合、互いの考えのズレがどこかで必ず出てきます。
熱量が高いということはそれだけ熱心でブランド想いということで良いことなんです。
けど、その分譲れない時がやってくる。
これは、多いか?少ないか?の違いで必ず店舗では起こる。

さてさて、僕はというと僕自身が店舗の火種であることが大半ですね(笑)
店長が出した方針、施策があったとする。

すると、それは、違う!この方が正しいと喰ってかかるタイプです。
店長達からするとさぞ、うっとおしいことこの上ない存在でしょう!

KOSUのケース

僕のケースであれば、例えば店舗MDを組んだとする。
店長がそれは違うと言う。よくある光景でしょう。
その場合、どうしますか?

意見を聞いて納得すれば店長の意見を取り入れるでしょう。

納得いかなければ、、、、、キレます(過去、はるか昔ね)。

僕自身が誰よりも仕事をこなし、フロア、客、商品動向を見ています。そして、トップセラーである。僕以上の意見などある訳ないくらい考えているわけですね。そこに横槍いれる度胸がよくあるな、この野郎という感覚ですね。

そして、ストックでお茶会、兼仲直り会が開かれます。

あらゆるケースでこういった揉め事みたいなのはあるでしょう。

レベルが近いほど衝突する

以上のことは、店長とサブとの関係で発生しやすい事柄。
これは互いの店舗内のレベルが拮抗している、近づいている証拠です。従うから、自分で考えを持てるようになったということです。

内容のレベルはあれど、これって、

店長としてはスタッフが育って良いことなんです。

ですが、現場では生意気だなと、違う意見で上位者がねじ伏せようとしてしまう。部下からライバルへと進化することへの威嚇行動みたいなことするんですよね。

販売員プレイヤー同士でも、衝突は起こります。

個人売がつけば100%あります。
お客を取った、取らなかったとかが代表格。あとは、接客スタンスの話とかですね。
プレイヤーは明確なライバル同士であるからこそ譲れないところが多いですね。

店長とサブ、プレイヤー同士など衝突があるのは基本的には互いのレベルが近い時に起こることが僕の経験上では多いです。

そして互いに主義主張が固まるほど経験を積んでいること。

どんな判定でも絶対につける。

長々と先輩達が話し合っている。

そんな姿を長々見せられる他のスタッフはなかなか迷惑なものです。どうせ決着はつかないのもお約束です。

そのため、ルールだけは店舗指標として決めておかなければいけません。

店長とサブとの関係で折り合いがつかなければ、一旦は現行施策、その後の結果で方針を決める。また、責任者である店長意見で進める。後にSVなど間を入れても良い。

販売員同士の場合は、店舗指針に従う、店長の判断に従う。などとにかく終わらせることです。

ここは潔く終わらす、時間をかけていても売上は上がりません。

そして、最後に後でグチグチ言ったり、根に持たない!

不満であろうとこれは絶対と決めることです。そして、

決定事項には絶対に従うこと。

何はどうであれ、仕事で大事なのは止まっている事ではなく進めることです。
僕自身、最終決定は必ず受け入れます。

納得させられなかった自分の能力不足としてです。

チームも成長するもの

先述の通り店舗内での対立、衝突は起こります。
そして起こっていい事でもあります。もちろん、前提は良い議論になっている事、感情論になっていない事です。
言い合い、議論になった後はお互い意見を引かないことがあり、折衷案になることがあります。

僕はそうなっても良いと考えてます。

店舗はチームで人の集まりです。いきなり、店舗の意見が上手くまとまるなんてことはありえません。

チームも少しづつ成長します。腑に落ちない折衷案になってもやってみればいい。そうすれば、これでは上手くいかないから別の方法を取ろうとまた1つゆっくりとですが成長します。

長期的にチームを見たときには一つや二つのいざこざなど起こって当然という、ドンと構えてやっていきましょう!

それでは、今週はこれで!

前回の記事はコチラ!

店舗マネジメントを紐解く

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
kosu
About kosu 40 Articles
販売員歴7年 ライフスタイルセレクトショップ勤務。メンズ、レディース、キッズ、雑貨、家具全てを扱うサブ。メンズドレスにおいては常に全国トップレベルの実績により入社初年度から企画にも参画し多岐に渡る現場の仕事を経験。担当カテゴリー、個人実績では全てトップクラスの実績を残すも、その裏で起こる問題に常に苦悩していた元トプセラ読者。販売、マネジメント、教育、店舗運営で今も奮闘。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA