商品を最後に送り出すのは誰? 答えは品質管理(=Quality Control=QC)

スポンサーリンク

আস্সালামু আলাইকুম! (アッサラーム・アライクム!)

みなさんこんにちは!バングラデシュよりハルカ(@haruka_bangla)がお届けします!

日本の夏にあたるこの時期。
実は、バングラデシュより日本の方が暑いんです。毎日、猛暑日が続いていて大変そうだな…と、日本のニュースを横目に、こちらではちょっとだけ涼しい期間を謳歌しています。

さて。街の様子も段々と元の姿に戻って来て、お店へご来店くださるお客様の数も、増えて来たのではないでしょうか。

こちとら生産国でも、状況が少しずつ良い方向に変わって来ています。
パンデミック前と同量とまでは行かないものの、オーダー枚数や受注頻度が少しずつ増えて来ました。
全てのブランドとは言えませんが、沢山のファンに愛されるブランドさんは特に、その傾向は顕著です。そして、売上結果にも如実に反映されているようです。

この流れが続けば良いなと、切に願っております。

今回は、生産過程において、商品を最後に送り出すのは誰か?というお話をさせて頂きます。

答えは、品質管理(=Quality Control=QC)

答えから先に申し上げますと、生産過程において商品を最後に送り出すのは、品質管理(=QC)の人です。俗に言う、「検品員」です。どういうことか。生産過程をざっくりと追いながら、ご説明します。

ベーシックTシャツを生産するには

たとえとして、ベーシックTシャツを例に挙げます。

まず最初は、生地の状態で縫製工場に運ばれてきます。
そこから、パターンに沿って裁断。前身頃と後ろ身頃、そで部分、えり部分。
そして、別々に裁断されたパーツが、最終形を目指して縫い合わせられます。

縫い合わせられる段階で、ブランドネームや洗濯ネームも縫い付けられていきます。
プリントや刺繍がある場合は、パーツの段階で付けられることが多いです。

1枚のTシャツは、1人が最初から最後まで縫い続ける訳でありません。
基本的に分業です。

前身頃と後ろ身頃を合わせて重ねるだけの人、そで部分を縫い続けるだけの人、縫い終わったTシャツをオモテ面に返すだけの人、などなど。数十人の工員さんの分業によって、1枚のTシャツは最終形に成っていきます。

工員さんがずらっと縦1列に並んで作業を行うわけですが、それを「ライン」と呼びます。1ラインは、大体10~20台のミシンが並んでいます。

1ラインのメンバーがチームとなって、1型の商品を生産していくのです。

検品員の仕事とは

縫い合わせられたTシャツは、ラインの最終段階として、検品員の手に渡ります。検品員とは、最終形に成った商品の品質に問題がないかを、検品する人です。検品員は、検品の作業だけに集中します。

検品作業では「良品」と「不良品」に分けます。不良項目は大体30項目ほどです。
ミシンの縫い方に不良がある場合は「縫製不良」、Tシャツに付けたブランドネームや洗濯ネームが間違っている場合は「付属不良」。
このように、不良品をはじく作業を、1枚ずつ行っていきます。

前回の記事で詳しく書かせて頂いています。もし宜しければご参照ください。

アパレル商品、品質の基準について

 

最後の作業

検品員によって「良品」とされた商品。そのまま出荷される訳ではありません。
日本や欧米に向けて出荷されていく訳ですが、その際は1枚ずつ紙のタグが付けられ、袋に入れられ、ダンボールにまとめて梱包されます。

販売員の方はご存知かと思いますが、お店に入荷される時は1枚ずつ袋に入っています。
その状態にする作業を行うのも、全て検品員です。

商品によって異なる作業内容

商品によって付けられる紙のタグや、梱包のされ方は様々です。

1枚ずつ指示された通りに紙のタグが付けられ、そして、指示された大きさの通りに1枚ずつ畳みます。
畳まれたTシャツは、1枚ずつビニールに入れられ、テープで留める。ここで始めて、1枚の商品として認識されます。

1枚の商品になったとしても、ここで完了ではありません。

出荷される先によって、オーダー数量は異なります。

例えば。段ボールAには、Sサイズを30枚。段ボールBには、Mサイズを10枚と、Lサイズを20枚。段ボールCには…。
このように、段ボールの出荷先によって作業する枚数が異なるため、これも検品員の手によって、1枚ずつ仕分け作業が行われていくのです。

大量生産の現場では、何万枚という単位でオーダーが入ります。
そのため、仕分け作業も相当な労力が必要となります。

仕分け作業を進めていく中で、出荷先別にあらかじめ分けておいたりもします。
また、船で輸出する際は「港」のやり方、エアーで輸出する際は「空港」のやり方、など。
これらも全て、事細かにルールが決まっているのです。

*今回は、検針作業の説明は省きました。また別の機会に、詳しくお話させて頂きたいと思います。

生産者側として、最後に送り出すまで。このように、沢山の人の手によって、1枚ずつ大切に仕上げられていき、最終的には検品員の手によって梱包されるのです。

なかなか現場を直接見る機会はないと思うので、今後もこのように少しずつお伝えしていければと思います。

また、ひとつのイベントとして生産現場をライブで繋いだりする企画も予定しております。
もしよければ、ツイッターやインスタグラムのフォローをよろしくお願いします。

ツイッター

インスタグラム
https://www.instagram.com/haruka_bangladesh/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
飯塚はる香
About 飯塚はる香 21 Articles
“ファッションを通して世界をよりステキに”が、モットー。2013年〜日本で就職。某アパレルブランドのマネージャーとして神戸や吉祥寺などで勤務。2016年〜カンボジアへ移住。アパレル大量消費国の店頭から大量生産国の工場へと拠点を移す。2019年〜バングラデシュ在住。アパレル生産国で品質管理の仕事をしている。「国際協力×アパレル」の道で、生きていく。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA