販売員が「つなぐ」 お客様に「つたえ」 顧客様を「つくる」

スポンサーリンク

日々接客で店頭に立ってて

「向かいのお店はいつもお客様入ってるな~」

とか

「あの販売員さんには必ずお客様が訪ねてきてるな~」

とか、思ったことないですか?

 

そして、あなたもそんな販売員になりたいと思いませんか?

「なりたいとは思ったことあるけど、どうしたらいいかわからない…」

「誰もそんな方法を教えてくれない」

 

というそんなあなたにお教えしますね。

 

『お客様の方からあなたを訪ねてきてくれる』

しかも笑顔で、なんなら手を振って(笑)

 

「え?それが答え?」

と思いました?

 

 

 

少しあなたに質問です。

 

「有意義な買いものができました」

と言われたことありますか?

 

「すごくわかりやすかったのでまた相談に来てもいいですか?」

と言われたことありますか?

 

「オススメしてもらった通り合わせたらすごく評判が良かった」

と言われたことありますか?

 

「サプライズ成功ですごく喜んでもらえました」

と言われたことありますか?

 

少しじゃなくたくさんでしたね(笑)

 

まったく同じことを言われましたという方は少ないかもしれませんが

似たようなことを言われた方はいるかもしれませんね。

 

上記の内容はどれも平たく言えばお客様の感謝の言葉です。

文章の前、もしくは後ろに「ありがとう」と付けて言ってくれます。

販売をしていて言われたら嬉しいですよね。

 

モチベーションのアップにも繋がるし自信にもなる。

商品を買ってもらってさらに感謝までしてもらえる。

販売員冥利に尽きるってもんです。

 

ところで、4つ感謝の言葉を挙げましたが

言われたことがあるかないかが話のポイントではないんです。

あ、もちろん言ってもらえることはとても良いことですよ。

 

内容的にはどれも感謝の気持ちからいただいた言葉ですが

前者2つと後者2つには違いがあります。

なんだかわかりますか?

 

そんなの簡単って方にはこのブログは必要ないので

自信持って今のまま邁進してください(笑)

 

 

 

さて、違いというのは

 

前者は1回目の初めての接客のクロージングでいただける言葉

後者は2回目にわざわざ来店してくれていただける言葉

 

この違いわかりますか?

 

この「わざわざまた来てくれる」というのがポイントです。

ほら、来てくれてるでしょ?

 

自分に置き換えてみてください。

 

接客してもらって満足はできた。

後日その方に会いに行ってお話ししますか?

なかなかそんな人ばかりではないですよね?

 

でも、そんな「会いに来てくれるお客様」を増やすには

具体的にどうしたら良いのか?

どういった効果が出るのか?

そういった内容をこのブログで共有していきたいなと思っています。

 

興味を持たれた方はぜひこのTopSeller.styleでお付き合いください。

では、また次回。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
谷口玲
About 谷口玲 210 Articles
1976年3月生まれ。 販売員歴18年。 メンズはヨーロッパ系デザイナーズセレクトショップと英国デザイナーズブランド、レザーグッズブランドで販売。 レディースはミセスセレクトショップとドメスティックデザイナーズブランドで販売。 今まで大阪、神戸、京都、広島、札幌、東京、横浜などの百貨店を中心に店頭に立ち現在はフリーランスの販売員。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA