お客様に返事してもらえない事に悩んだ時に読む記事

スポンサーリンク

ファーストアプローチしたものの、会話が続かないことありませんか?

 

「手触りいいですよね~」「あ、はい」 で終了
↑ テンション読み外れ

 

「使いやすそうですよね」「あ、はい」 で終了
↑ 興味ポイント読み外れ

 

「スカートお探しなんですか?」「あ、いえ、別に」 で終了
↑ 色々外れ

等々。

 

「観察」の大切さを理解して徹底的に実践していれば、このようなファーストアプローチはしないと思うのですが

それでもうっかり
やっちゃったとき

アパレル販売員が次にとる行動は、だいたい二択です。

何事も無かったかのように、
スーッと、フェードアウト。

or

すがる思いでセールストークをたたみかける。

特に後者は、意気込んでるアパレル販売員がやりがちです。

 

諦めず売り込もうとする気概は評価しますが、そのパワーはお客様の心に作用するか考えてみましょう。

 

先に結論、

あんまり作用しません。

 

人の記憶についての研究がなされていて、それによると

 

聞いたとき、10%
見たとき、15%
聞いて見たとき、20%
話し合ったとき、40%
体験したとき、80%

だそうです。

 

実体験からも、なんとなく納得ではないでしょうか。

あなたがひたすら商品のセールストークを展開してもお客様はその1割しか覚えてないらしいです。

 

がっかりですね。
でも仕方ないですね。

 

しかも、この研究には続きがあって

教えたときは、90%

だそうです。

 

セールストークを、商品について教えているととらえると

お客様は1割しか聞いてないけど
自分は9割覚えてる(反復して、より強く記憶に残る)

ということになります。

自分の復習にお客様を付き合わせてるみたいですね。
溝は深まるばかりです…。

 

好意的なお客様でも
それさっき言ったじゃん!っていうことの質問受けたりしませんか?

まさしくそれです。

 

じゃあ
どうすればいいか?

 

簡単です。

 

見たとき、15%
聞いて見たとき、20%
話し合ったとき、40%
体験したとき、80%

 

この、より高確率に近づけるような接客を目指します。

お客様にしゃべらせる

これに尽きます。

 

お客様がついしゃべってしまいそうなアプローチがいいです。

 

「この人になら話してもいいかな?」と思ってもらえるよう

身だしなみを整えて、さ、工夫してやってみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
アバター
About 森野 70 Articles
森野 2018/7/1迄、TopSeller.styleブログ火曜日を担当。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA