結局アパレル販売員が「可視化」スキルを身につけて何が変わるの?

スポンサーリンク

「ハヤミイズムが強すぎて何考えとんかわからん」

ちょくちょく人から言われる事です。

 

わたし、生粋の感覚人間で、
それこそアパレル業界や会社、店舗のスタッフたちに思うことは色々あっても
それをドンピシャで伝えることが出来ないんですよね。

 

もちろん私の語彙力の問題もあるとは思いますが、
何というかそれ以前の問題で。

 

例えばふわーっと頭の中だけで計算したときの感覚ですかね。

結果は言えるけど過程が言えない、みたいな。

だから考の核の部分ががうまく伝えられず
ふんわりしちゃって何となしにずっとモヤモヤしてる。

 

アパレル販売員って感覚派が多い気がするから
私みたいな人も多いんじゃないでしょうか?

 

 

こんにちは、ハヤミミユキです。

自己紹介が遅れました。
私は販売歴10年ほど。
靴屋で店長をしています。

今回、このトプセラに出会い
「可視化」することに取り組もうと思ったのは上記の理由からです。

 

もちろん自分の新たなスキルにしたい、将来の武器にしたい。

その気持ちも十分ありました。
ですが正直なところ、一番の理由は

「このモヤモヤを解消したい!」です。

 

半年間取り組んで何がどうなったのか

では、実際に半年間やってみてどうだったのか。
「可視化」することで何が変わったのか。
色々あります。

とりあえず私の脳みそが変わりました。

 

・頭の中身を吐き出すことでクリアになった

・自分の知っているコトの理解が深まった

・無意識に情報をインプットしようとするようになった

・インプットしたコトを「自分の言葉」にして考えるクセがついた

 

 

↓その結果

 

・説明が分かりやすいと言われるようになった

・何度も時間をかける説明が不要となり業務効率UP

・スタッフの理解が深まりスキルUP

・最終的に店舗の前年売り上げ大幅UP!!

 

これほんとに。

進研○ミかってくらいに店舗の売り上げ変わりました。

ありがとう赤ペン先生 四元さん。

 

 

結果どうなの?

自分自身の「可視化」スキルはまだまだやっと一歩踏み出した程度で
「可視化」したモノからなにかまだ生み出せてはいません。

ですがその一歩進んだだけでもリアルの部分でこれだけ変化がありました。
もうあまりモヤモヤしません。

「自分を伝える術」を知ったから。

 

それに自分が起こした小さな変化で店舗全体の結果が変わったんです。

 

店長という立場の影響力の大きさも改めて実感しました。

私が変わるコトで周りが変わる。

だからこれからも私は変わっていきたい。

 

 

もう半年後、一年後、三年後。

もっと「可視化」スキルを身につけた自分がどうなっているのか。

 

いまより1UPした自分が楽しみです。

 

 

あ、感覚派っていうのは一生なおらないと思います。

なぜならそんな自分が好きだから。笑

 

 

ハヤミでしたー!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA