「日本1の販売員になりたい!」に先輩アパレル販売員がアドバイスしますね。

スポンサーリンク

こんにちは、TopSeller.Style「トプセラ」のヨツモト リョウヘイです。

全国の販売員さんが100人以上集まるオンライングループ「Seller’s room」
その中では日夜リアルな店頭話がなされてるんですよね。

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

そのいくつかを記事にしたのがこちら↓

新人販売員さんへ「こんな店長が居たから今も販売員やってます!」From Seller’s room

現役アパレル販売員が教える店舗での「自分の情緒」のコントロール方法 From Seller’s room

「女性販売員の結婚&出産とキャリアアップの悩み」に先輩アパレル販売員が答えます。

「アパレル販売員が百貨店で働くにあたって心得ておくこと」に先輩アパレル販売員が答えます。

「 Line@を顧客様とのやりとりのツールとして活用の仕方教えて!」に先輩アパレル販売員が答えます。

 

で、本日はSeller’s roomに先日入会してくだった方の話で盛り上がったので、そちらを。
最近にしては珍しいぐらい向上心がある販売員さんの質問です!

 

将来のキャリアアップの為に日本一の販売員という実績が欲しい!

現在外資系ラグジュアリーブランドで働いて2年目になります。
将来のキャリアアップの為に日本一の販売員という実績がほしくて頑張ってるんですが、実際はノルマが達成できなかったり人間関係でモチベだだ下がり中です。。。
同じような悩みがある方いらっしゃいますか?

 

現役アパレル販売員さんからのアドバイス no1

僕は6月入社の入社ほやほやですが、すでに数字の重みを感じております。
今日の話になるのですが、今日は上司たちが不在の日でのびのび売れたらいいかなぁっていう感じでお客様と楽しむっていうことにフォーカスしたら今日のお店での1番の売り上げを取れました!
数字に惑わされ本来お客様を楽しませ自分も楽しむという自分のモットーを見失っておりました。

現役アパレル販売員さんからのアドバイス no2

店規模にもよると思いますけど、もし小さめの店だとしたら人間関係悪いとモロに売上に響いたりしません?
店も、個人も。なので、個人的には人間関係悪いなら、とりあえず自分だけでも明るく振る舞ったり、嫌なことあってもとにかく(下手な)笑顔作ったりしてます。笑

現役アパレル販売員さんからのアドバイス no3

日本一を考えれるなんて本当にすごい!
僕は入社2年目の時は、お店で一番になる事しか考えてなかったです笑

そんな僕が何か助言が出来るか、なんてのは甚だおこがましいのですが。
僕なりの考えが、何かヒントやキッカケになればと思います。

目標は自分を支えるものであって、自分を苦しめるものではない。
目標が大きけば自分に与えるエネルギーも大きい。

今目の前にある人間関係という障害が、自分の進む道を遮るような大きな岩なのか、ヒョイっとまたげるような小石なのか。
俯瞰してみ自分が思う目標とその障害の大きさを評価してみると良いかもしれません。

それで、いやいやいや、これはとんでもなくヤバイ障害やで!っと思うのであれば、第三者の力を求めたほうが良いとおもいます。

僕は百貨店ブランドでどっぷりやってますが、多くの同僚がラグジュアリーに転職していきました。
そして、多くの人達が人間関係に悩んでいます。

その中で大きな成果を成し得た人で共通して言える事は、志を高く持って「こんな奴のせいで自分の成果が下がるなんてアホらし」くらいの肝の据わりようがありました。

もちろん、深刻なイジメのような問題であれば、また違った話になりますが!

 

現役アパレル販売員さんからのアドバイス no4

僕も日本一の販売員になったことは無いのですが、未だに目指していたりはします!

数値がモチベーションになるのであれば以下の考え方がオススメです。

アウトレットなのでラグジュアリーに比べて購買決定までが比較的イージーな環境ではあるのですがノルマ(金額)が行きづらい時はお客様の購買意欲(お財布事情)の問題もあるかと思うので、そういう時は目標を『接客人数』や『買上客数』に切り替えて取り組むと長期間で見たときの累計金額が上がると思いますよ。

どういうラグジュアリーかわからないので下の例え話がリアルでなければすみません。
買い上げ客数にこだわると高単価のバッグではなく比較的買い上げが容易なキーホルダーを見ているお客様にも全力で向き合う事に目が向きます!
逆に接客した人数に目を向けると印象に残って後日戻って来ていただけるお客様に繋がると思います!

当たり前といえば当たり前の話なのですが、どれくらいやり切るかが大切な内容だとも思っています。

ただその日のノルマ達成に直結しない部分や短期的な売上にならない部分をどこまで詰め切るかが日本一目指す人には必要やと思うんです。

逆に数値がプレッシャーになる場合はサボらなければできる最低ラインを設定(例 最低5客は接客する・最低1万円は売るみたいな)して伸び伸びと『目の前のお客様に全力で向き合うぞ!』みたいな方がパフォーマンスが発揮しやすかったりするのかなと思ったりもします。

僕もそうなのですが自分のパフォーマンスのMAXを目標にするよりも最低ラインを目標にして伸び伸びやる方がいい接客できたりするので相談者さんの感覚もすごいわかったりします。

モチベーションを保つには自分の性格や状態にあった目標に切り替える事も重要な事なので!

日本一って凄い高い志だとは思うんですけど、それを宣言する人ってやっちゃう人なんじゃないかなと思うので是非頑張って下さい!

現役アパレル販売員さんからのアドバイス no5

No.1よりもonly,1

それではダメですかね?
私はいつも店頭に立って接客した方に対してonly.1でやっている所存でございます!

 

現役アパレル販売員さんからのアドバイス no6

私もよく感じますね!
いつも数字にとらわれちゃうってことです。
1日数字にとらわれてしまう。

お客様と話を楽しむことができたらなんだかいつの間にかってことはありますねー。
気づかされました!

うちの店舗でも販売点数とか販売人数っていうところに注目してやり始めて半年経ちます!
実績も出てきているしいい考え方ですよね。
どちらかというと私は、売上と言われるとそっちに引っ張られちゃうので獲物狙っちゃう系になりますので目つきがやばいそうです。笑笑

 

現役アパレル販売員さんからのアドバイス no7

19年間アパレルをしてきました。

回転率重視の低価格の店からラグジュアリーまでひととおり経験しました。
レディースもメンズも、年齢層も若い人から年配の方まで。私は女ですが、今の目標はメンズのスーツを販売出来るようになることです。

販売員として、会社スパンではなく人生スパンで考えたときに、幅広い年齢層に何でも売れる人間になりたいです。

忙しいときは回転率重視の接客が出来て、暇な時間は客単価を取る接客が出来る、
長短どちらの接客をしようと、お客様の印象に残ることができてリピーターを生み出す販売員。
今いるとこだけでなく、どの会社に行っても通用する引き出しの多い販売員を目指しています。もちろん、在籍した場所でのトップも目指しながら。

実際五社以上転職していますが、わりとすぐにどこでも売れますし、各社でしっかり胸を張れる実績を残して、それを踏み台に(笑)転職します。

人間関係は相性もあるのでそこに固執するよりは、販売員としての技術をひたすら磨き続けることで自分が作ってきた具体的な実績が評価され、転職することで待遇も更に上がります。

売上のために、悩み、落ち込み、努力した日々は
しんどいときもありましたが、今振り返ると決して無駄ではないと思っています。

言葉にすれば夢や希望へ前に進める。

最近ここまでハッキリ「日本1になりたい」なんて事を言う販売員さんと出会ってなかったので、すごく嬉しいですね。
数字を追求する事が良いってわけじゃなくて、自分の意思や目標を言葉にできる。

言葉にするって事は自分自身にプレッシャーをかける事になりますが、その分今回のように言葉にして発信したからこそ新しいアドバイスや情報が入ってくるんですよね。

どんどん、やりたい事や目指す事は言葉にしちゃいましょう!

人が聞けば笑うような事でもね。

Seller’s roomでは、むしろ「言うことが素晴らしい」っていつも応援してくれる人たちばかりです。
あなたも、言葉を発信しにきてみますか?

 

「トプセラ3周年記念イベント(仮)企画アンケート!!」

読者の皆さんへ。
トプセラメンバーにやってほしいイベント企画募集します。
なんでもOKです。
ぜひ、皆さんこちらに送ってください↓

「トプセラ3周年記念イベント(仮)企画要望応募フォーム」

平日がいい?週末がいい?
昼間がいい?夜がいい?

無料がいい?会費あっていい?


 

 

「INFO」

【トプセラ執筆者が御社の「現場の問題」解決いたします。】
最近セミナーや販売トレーニングのお問い合わせが多いので、お問い合わせの入り口を作りました。
セミナー等のご相談はこちらから↓

トプセラ × セミナー

「売れる販売員」のセールススキルの総集編はこちら↓

 

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

 

ご登録はこちらから↓
ヨツモトリョウヘイが作る「売れる仕組みの解説書」

 

TopSeller.Style主宰 ヨツモトのSNS

instagramはこちら

Twitterはこちらから↓

FaceBookはこちらら↓

noteはこちらから↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 202 Articles
PLAY inc 代表/セールスコンサルタント 日本で1番アパレル販売員を育てるメディア「TopSeller.Style」主宰 ヒューマンアカデミー ファッションビジネス科 非常勤講師 <略歴> 元PaulSmith(JOI’X CORPORATION)全国売上1位。 2009年アパレル雑貨製造企画メーカーとして独立起業。 2010年メーカー業と並行し店舗運営事業を開始。 2015年アパレル向け総合コンサルティング会社PLAY設立。 事業を個人主軸にした活動に集約。 現場に立つコンサルタントとして活動開始。 現在は「ファッションで人を幸せにする人達を幸せにする」をテーマに セールス、マーケティング、ブランディング、店舗マネジメントなど総合アパレルコンサルティングサービスを提供中。 <直近の主な仕事一覧> BMW japan Motorradアパレルセールスコンサルティング Lee japan 直営店事業部 人材マネジメントコンサルティング 三井不動産新規事業部 リテールマネジメントコンサルティング 林五「KUBERA9981」リテールマネジメントコンサルティング Ajioka「GANZO」定期セールスセミナー

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA