売れる人の頭の中は「いつも8:2」

スポンサーリンク

こんにちは、ヨツモトです。

来週からGW。
春夏の商戦で言えば、やはりここが一番の「売り時」です。
気合い入ってると思います。

そのGWを迎える一週間前だからこそもう一度思い出して欲しい事。

「売上を取れる販売員」がなぜ売上を取れるのか?

 

準備8割本番2割。

売れる販売員を見ていると、とても簡単にお客さんに物を買ってもらっているように見えます。
そんな難しい話をしてるわけでもなく、ガツガツしてるわけでもなく。
声かけだって、そんなに早くないし。。。

なぜ?

その答えは

本番で結果出すための準備をしっかりしているから。

当たり前で地味ですが、まずこれができていないと売れるもんだって売れない。
いくらコミュニケーション能力が高かろうと無理です。

じゃあ、その「準備」ってなんやねんって話ですが

「誰に何を買ってもらうか?」

これをしっかり準備してるからですね。

 

セールスもマーケティングもリアルもネットも同じだ。

売れないやつの特徴は「誰に」売るのかが、はっきりしていない。
自分のお客さんを知ろうとしない。

逆に売れるやつは、この「誰に?」を設定するために、多くの情報を普段の接客から
データ収拾している。
だって僕たちサービス業は「お客さんの事」を知る事が基本中の基本です。

でも、この「お客さんを知る」ってのが結構後回しにされているんですよ。
じゃあ、何を先にするか?ていうと
「商品を知る」事を先にしてしまうんです。

確かに商品情報をしっかり頭に叩き込んでおくのは必須ですが順番が違う。

 

「誰」に「何」を「なぜあなたから」買ってもらわないといけないのか?

売れる販売員はこれがスラスラ言えます。
この準備ができているから、店頭ではそのお客さんに伝えればいいだけになってます。

「誰」に「何」を「なぜあなたから」買ってもらわないといけないのか?

これを言えるようにしてください。
そうすれば、あなたは「売れる販売員」にきっとなれますから。

 

GWちょうど一週間前。

もっかい、この基本見直して見てください。

「誰」に「何」を「なぜあなたから」買ってもらわないといけないのか?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「キャリアの保険」無料セミナー@ZOOM ” Make your career choices” あなたのキャリアをデジタルで拡張せよ ulclomask予約開始 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 196 Articles
PLAY inc 代表/セールスコンサルタント 日本で1番アパレル販売員を育てるメディア「TopSeller.Style」主宰 ヒューマンアカデミー ファッションビジネス科 非常勤講師 <略歴> 元PaulSmith(JOI’X CORPORATION)全国売上1位。 2009年アパレル雑貨製造企画メーカーとして独立起業。 2010年メーカー業と並行し店舗運営事業を開始。 2015年アパレル向け総合コンサルティング会社PLAY設立。 事業を個人主軸にした活動に集約。 現場に立つコンサルタントとして活動開始。 現在は「ファッションで人を幸せにする人達を幸せにする」をテーマに セールス、マーケティング、ブランディング、店舗マネジメントなど総合アパレルコンサルティングサービスを提供中。 <直近の主な仕事一覧> BMW japan Motorradアパレルセールスコンサルティング Lee japan 直営店事業部 人材マネジメントコンサルティング 三井不動産新規事業部 リテールマネジメントコンサルティング 林五「KUBERA9981」リテールマネジメントコンサルティング Ajioka「GANZO」定期セールスセミナー

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA