モチベーションは必要ない。「80%」を意識すれば。

ヨツモトです。

 

「今日はモチベーションが上がらない。」

 

店頭で同僚から聞いたコトありますか?

店頭であなたも同僚に話したコトありますか?

 

僕の元にも

「モチベーションを上げる為にはどうすればいいですか?」

「モチベーションを保つためにはどうすればいいですか?」

といった質問を頂く事が多い。

 

結論から話すと

 

モチベーションなんてモノは上げる必要も下げる必要もない。

 

 

あなたの都合なんて誰も知らない

 

そもそも、店頭に来るお客さんはあなたが今日モチベーションが

高いか低いか?なんてモノには興味もないし、関係がないコトを

忘れないでください。

 

だって、あなたがお買いモノをしに行った時に、目の前にいる

販売員が「今日は***があってモチベーションが上がらないので

昨日よりやる気がないですが、すいません。」って言われたらどうですか?

 

そんなのお客さんの前で言うわけないって?

お客さんの前では言ってないですけど、実際同じコトですよね?

同僚には言っているけど、お客さんには言ってないだけで。

 

あなたの「モチベーション」って理由だけで、同じ商品を買って貰うにも

今日のあなたから買う商品と、昨日のあなたから商品を買うのとでは

同じ値段なのに受ける価値は違う。

 

人間味がっていいじゃない?

 

だったら、お客さんはモチベーションがどうたらこうたら言うあなたがいる

店なんかには来なくなり、ネットショップで自分で選んでお買いモノしますよ。

 

もしくは店に行っても、ずっとイヤホンしたままで「話しかけんな」って

意思表示しながらお買いものしますよ。

 

あなたのモチベーション=やる気になってないか?

言葉の揚げ足を取る感じになりますが、「モチベーション」って言葉の意味が

ただ単に「あなたのやる気具合」って意味になっていませんか?

 

僕の元に来る「モチベーション」の質問も、「やる気」を上げる為には

どうすればいいですか?と翻訳できるモノが大体です。

 

ですので、答えとしては「上げる必要も下げる必要もない。」になります。

 

 

最高の80%を保てるかどうか

 

モチベーションが上がっている時は自分の能力の120%を出し切れる。

モチベーションが下がっている時は自分の能力の60%しか出せない。

 

あなたの勝手な「モチベーション」という理由で、お客さんが受けられる

サービスの質が毎日毎日変動するのであれば、お客さんは安心して

お買いモノをしに来るコトもできず、毎日コロコロ変わるあなたへの信用も

出来るはず無いですよね?

 

じゃあ、どうすればいいか?

 

いつもどんな時も店頭に立てば自分の中の

80%の能力を出せるようにしておく。

 

ただし、この80%は「常に最高の80%」を出せるコトが必要です。

 

 

悪い時も、良い時も。80%にそろえてみる。

 

自分の体調が悪い時や、気分的に落ち込んでいる時も、

逆に体調が好調で気分的に上がっている時も、

店頭に立てば自分の能力の80%を常に出せるコトを安定させる。

 

あなたがどんな状況であれ、毎日毎日来る多数のお客さんに

80%のあなたの能力をだせるように。

 

気分がノリノリで、いつも以上に力が出そうな時もです。

「今日はいつもの倍以上のコトができそう!」と思っても

店頭に入るときは「80%」の水準を意識してください。

 

だからと言って、この「80%」の能力を常に安定してだすコトは、

決して「サボれ」といっている訳じゃないですよ。

 

「やる気」って形のないモノにあ、あなたが振り回されないように

する為の訓練の一つです。

 

 

最高の80%を目指してみる。

 

スポーツ選手が分かりやすい例でしょう。

 

たまに素晴らしい記録や技術を発揮する選手より、

継続的に安定した数字を残せる選手を監督は試合に起用します。

 

ただし、この80%の水準が低ければ意味はない。

常に水準の高い80%を出せる選手を起用しますよね。

 

このコトを忘れないでください。

 

あなたの能力やスキルを上げていくコトは変わりません。

ただ、あなたの持つその能力やスキルを「やる気」という

言葉でだせたり出せなかったりするコトを防ぐ為に。

 

常に安定した高水準の「80%」を提供できるようにする。

これも「能力」のひとつです。

 

高水準の「80%」をいつも出せるように、自分の「120%」の水準を

あげる為に能力やスキルを上げていって下さい。

 

そうすれば「モチベーション」っていう言葉に振り回させる

必要が、あなたには無くなっているはずです。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 70 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA