販売に役立つ骨格診断③ナチュラルタイプ

スポンサーリンク

こんにちは、モリオカ(@hirooo0114)です。

昨日はトプセラセミナーがありましたね。

60名越えのご来場があり、会場もほぼ満席状態となりました!!
ご来場下さった皆様
本当にありがとうございました!

インフルエンサーのプロフェッショナルのお二方
まゆさんとkeiさんの
SNS運用に関してのセミナーでしたが
来られなかった方は
トプセラのツイッターアカウント(@TopsellerStyle)にて
要所の動画が配信されておりますので、是非ご覧ください!

それでは前回に引き続き 骨格診断シリーズ
③ナチュラルタイプについて。

骨格診断とは

似合う「形と素材」を導くロジック

「骨格診断」の概要に関しては、こちらの前記事をご覧ください!

シリーズでお読み頂いている方には
重複した文言となってしまいますが

似合う<素材、形、スタイリングバランス>
を3つのタイプに大別した診断手法

診断が出来るようになる、という考え方ではなく
・〜の特徴を持っている場合に〜が似合いやすい
・〜の場合は、〜のアイテムが苦手になりやすい
といった、「似合うを言語化する」事に
重点を置いておりますので

是非気軽に呼んで頂ければ。

販売に役立つ骨格診断①ストレートタイプ


①ストレートタイプ
身体に厚みがあり、立体感があるのが特徴のボディタイプ。
「引き算」がキーワード。

販売に役立つ骨格診断②ウェーブタイプ


②ウェーブタイプ
身体が華奢。ストレートのような厚みがなく
女性らしいソフトな柔らかい質感のボディ。
華奢なボディをカバーする「足し算」がキーワード。

では3タイプ最後である③ナチュラルタイプについて。

ナチュラルタイプの特徴

骨、関節の発達が良く
線の長さがある、スリムなスタイリッシュボディが
特徴のナチュラルタイプ。

特徴を羅列すると
・肉感があまりない、硬めの質感
・骨格の強さを感じる
・平面的で、横から見た時の
厚みはあまりない
・肩幅が広く、上重心

更に細かいポイントを挙げていくと
・指が長い、手が大きい
・手をグーパーした時に筋が目立ちやすく出る
・関節が発達している為指輪が関節で
通りにくいが、通した後グルグル回りやすい
・身長に対して靴のサイズが大きい
・太れない
・鎖骨、肩甲骨が大きく出て目立つ
・骨の発達が良い為、線が長く身長の高い方が多い
(身長の低い方でも、身長が実際より高そうに見える)

この特徴をふまえて
・似合う形
・似合う素材
に落とし込むと

<シルエット>
・骨感のあるボディをカバーできる
身体から離れるボリュームシルエット

スタイリングで、上下共にフィットするような
細身シルエットのモノだけで組んでしまうと
骨感が際立ってしまうためやや苦手です。

ボリュームのあるトップスorボトムスで
(ビッグシルエットが苦手な場合は
素材の厚みでボリュームを乗せる)
どこかにボリュームのあるスタイリングを。

Aライン、Yラインなんて呼ばれている
シルエットが得意とする所ですね。

<素材>
素材の似合わせ=肌質との似合わせ です。

骨感があり、やや肌質に硬さのあるのが特徴の
ナチュラルタイプ。

その硬めの質感に調和するような
・薄すぎない、厚みのある素材
・柔らかすぎない、やや硬さのある素材

語弊を恐れず言うと
お年を召した方を想像して頂くと
わかりやすいです。

加齢と共に肌にハリがややなくなっていき
骨感が目立ち、硬さが目立つ。
そこにペラペラの光ったポリエステル素材を合わせるより
少し重さのある
リネンやブリティッシュツイードを
乗せてあげた方が似合いやすい。

おばあちゃんが
リネンやツイードが似合いやすいのも
この為かと。

シルエットに関しても、おばあちゃんが
ピタピタのハイゲージニットを着るよりも
身幅のあるゆったりとしたシルエットを着た方が
着映えませんか?といった感じですね。

ナチュラルタイプの持ちやすい悩み

なんとなくナチュラルタイプの傾向は
見えてきましたでしょうか?
そんなナチュラルタイプの
持ちやすい悩みが以下です。

①貧相に見える
・身体が薄く、骨感がある為
着るモノによっては「貧相に見える」といった
印象になってしまうナチュラルタイプ。

上記のような
・シルエットでカバーする
・ビッグシルエットが苦手な場合は
素材の厚みを乗せる

等といった方法でカバーします。

②袖丈、パンツ丈が足りない
身長に対して、手足の線の長さがある為
これはメンズに多いのですが
ジャスト丈設定のパンツや
ジャケットの袖丈が足りなくなりやすい。

販売側としては
長さのあるモノをオススメしましょう
としか言えない所ですが

消費者側として
仮に既成ジャケットを探す場合には
ドレスに強いブランドが良いです。
ドレスに強い=お直しを前提として長さに余裕を持たせている
なので、逆にナチュラルにはピッタリ長さが合ったりします。

超手が長い知人と買い物に行った際
ユナイテッド◯ローズのジャケットが
ピッタリハマりました。笑

そしてブランドは明かせませんが
私の勤めているブランドは
ターゲットが比較的ウェーブ向けなので
袖丈は短く、ドレスのジャケットも
ウェーブの私にピッタリハマりますね。

③いかり肩が目立ちやすい
フレームワークの強さがあり、骨の強さがある為
肩の存在感のある方が多い。

肩を目立たせない方法として
・素材に厚みでカバーする

・重心を下げる
→重心を上げすぎると
肩が相対的に目立ってしまう為
ハイウエストでのタックイン等を避ける。
長さを足し重心を下げる事で
目立ちにくくさせます。

以上がナチュラルタイプの特徴です。

他タイプよりも
厚みやシルエットでボリュームを乗せ
どこかにルーズさを出してあげる事で
苦手をカバーした上で、線の長さで
モデルのようなスタイリッシュさを演出できるのが
このナチュラルタイプ。

今のトレンドが得意なタイプでもあるので
今っぽさを取り入れた上で
更にスタイルアップも目指せるのがこのナチュラルなので
是非色々とチャレンジして見てくださいね!

今回で3タイプそれぞれの記事が揃いました。
また見返して頂ければ
自分がどんなタイプで
理論上どんなモノが似合うのか?
が掴めるかと。

是非、この骨格理論を
日々の接客にお役立て頂けますと幸いです!

それではまた次週!

 

11/14はベテランお二方にお酒を飲みながら何でも聞けちゃう!

 

アパレル販売員×Webマーケで新しいキャリアを作るメディア

販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
森岡 裕之
About 森岡 裕之 12 Articles
1993年生まれ。現在は某アパレルブランドにて入社3年目、店頭で販売を行なっている。その前は高卒でファッションとは無縁の工場に3年間就職。 ファッションが好きな気持ちを諦められず退職後、服飾専門学校にて3年間ショップ運営のノウハウを学び現在に至る。入社後は一年半、メンズにて販売を行いその後ウィメンズに配属。「カワイイ」で通じ合う、レディースのフィーリング要素の強い接客に苦しみ「パーソナルカラー」「骨格アドバイザー」「顔タイプアドバイザー」の理論的要素を学ぶ。センスや感覚に頼らず 理論的に根拠のある「似合う」を伝える接客を大切にし日々店頭販売に取り組んでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA