「先輩、○○様はなぜいつも先輩から買ってくださるのですか?」と後輩から聞かれたら何と答えますか?

スポンサーリンク

こんにちは、水曜日のタニグチレイです。

皆さんの店頭は3月の何かと物入りな時期も過ぎ4月末からのGWの前でちょっと落ち着いた状況でしょうか。
必要なものがあるお客様は先月にだいたい来ていただいた。
今は気温の変動もあるしお客様もちょっと決めかねて買うのはためらっている。

それでも日々店頭ではお客様を迎えていると思います。
あなたを頼って来てくださるお客様もいますよね。

改めて考えてみると非常に嬉しいじゃありませんか。
買い方はいくらでもあるのに頼ってお店に来てくれるのですから。

 

ところで、そういったいつも来てくださるお客様はなぜあなたを訪ねて来てくれるのでしょう?

 

なぜあなたから買ってくれるのですか?

 

お客様ひとりひとり思い浮かびますか?

 

根本的なゴール(□)はひとつだとしてもそこにたどり着くまでのルート(△)は様々

4月に入り新入社員も入ってきています。
今はまだ研修で会社内でいろいろ勉強中ですか?
もうあなたの店舗に配属されていますか?

 

「先輩、○○様はなぜいつも先輩から買ってくださるんですか?」

後輩からこんな質問されたら何て答えますか?

 


「初めて来てくれたときに私が接客についたから。」
「すっごい気が合うから安心してくれてるのかな。」
「スタッフの中で一番年齢が近いからいいと思うものがいっしょやねん。」
「トプセラの全員のブログ読んで実践したから。」
(↑なんて人もいてもいいよね笑)

 

たとえばこういった理由を挙げてみましたが違和感ありますか?
(最後のをないわ〜って言わないでくださいね笑)

先輩として聞かれたあなたが後輩の立場ならこの答えは納得ですか?
入って間もない後輩ならそうなんですねって納得されるかもしれません。

でもたぶん上記の例は根本的な理由ではないですよね。

 


「ご友人と旅行に来ていく服を買ってもらってそれがすごい評判良かったようで、それ以来買いに来てくださるの。」
「今までご自身で選んでた靴が微妙にサイズあってなくてそれをちゃんと説明して選んでもらったら歩きやすくなったってのが最初かな。」
「あきらめて買い替えを考えて来られたときに修理できる方法をお伝えして受けたのが初めてで、それからは必ず頼って来てくださる。」

 

こういった理由はどうでしょうか?
状況が思い浮かびませんか?

 

お客様が思ってた以上になりたい自分になれた。
お客様が思い込んでいたことが違うと知って改善された。
お客様が気づいていなかったことで思いがけず満足することができた。

 

お客様それぞれに理由があるでしょうが□のようなことではありませんか?
きっかけやその後も来てくれる理由は△であることは考えられます。

 

□を感じてもらうきっかけに△があった。
□を感じてもらったから△になってる。

 

いざ振り返ってみたらきっとお客様それぞれに当てはまることが出てくるはずです。

 

後輩には接客事例をイメージしてもらい自分では強みを再確認する

配属されてからの販売年数によってはすでに後輩がきっといますよね。

店舗内での教育係りじゃなかったとしても聞かれたり教えることはあります。
そしてこれからは新しく配属されてくるスタッフもいるかもしれません。

 

まだ接客経験が少ないスタッフだった場合実際に店頭のシーンを思い浮かべることができると伝わりやすいはず。
□のようなことができたから今も来ていただいている。
それには△のようなことも必要になる。

 

今回は後輩から質問されたという仮定のシチュエーションです。
質問をするということは気になっているから理由が知りたい。
または答えを聞いて自分で取り入れることができるようになりたい。

それに対して答えた内容はあなたの強みであり後輩の未来を良くすることができるかもしれない部分。

 

接客に置き換えてみても同じですよね。

 

お客様が気になっているからなんとかしたくて質問している。
それに対してあなたの強みを提供することで解消されより良い未来につながる。

できるだけ伝わりやすい方法を取りながら。

 

後輩には考えるきっかけになる指標に。
お客様にはこれからも頼ってもらえる理由を。

 

その先にはどちらもより良くなる未来があるはず。

 

この時期にちょっと考えてみませんか?

 

興味を持たれた方はぜひこのTopseller.styleでお付き合いください。
では、また来週。

 

 

【TopSellerの執筆者が書く「表では話せない話」はこちら→トプセラ×note

 

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
谷口玲
About 谷口玲 117 Articles
1976年3月生まれ。 販売員歴17年。 ヨーロッパ系デザイナーズセレクトショップで販売スタート。 Paul Smithでは関西4大丸勤務。 ミセスセレクトショップは立ち上げから関わる。 レザーグッズブランドでは全国初のオンリーショップ展開に貢献。 現在、フリーランスの販売員、非常勤講師 個人ブログ:http://taniguchi-connector.net

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA