年末年始いつもと少し違う目的の顧客様のご来店は販売員にとって一年間のご褒美

スポンサーリンク

こんにちは、水曜日のタニグチレイです。

2019年もどうぞよろしくお願い致します。

 

店頭の販売員の皆さんは初売りからの約一週間お疲れ様でした。
いや、その前の年末の販売や準備からですね。

少しずつシフトで休みも入れながら週末の連休に向けて品揃えや新たな準備をされているところは多いと思います。
改めていつも来てくださるお客様や初めて来られるお客様どちらもお迎えしましょう。

 

ところで年末から年始にかけて顧客様のご来店はありましたか?

 

いつものご来店ではありますがいつもと少し違うこの時期のご来店。
毎年必ず来てくださるお客様になっていただいてますか?
(なっていただけそうですか?)

 

年末年始のご挨拶ができるお客様の中にはわざわざ「年末(年始)のご挨拶」を目的に来店してくれている

年末12月31日の営業日に出勤された販売員の皆さんはセールや福袋の準備をしながら店頭で勤務されていましたよね。
(セールも福袋もないショップは通常の店頭勤務だけだったかもしれません。)
そして年内の業務が全て終われば周りに挨拶に行って終了といったところでしょう。
「今年もお世話になりました。良いお年を。と言ってもまた明日(明後日)すぐに会いますけどね。」
そんな会話をしながら新年1月1日から営業のショップは翌日だいたいいつもより早めに出勤。
(もしくは1月2日初売りなら1日だけ休んでいつもより早めに出勤。)
「明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。」
そして慌ただしく初売りが始まりひと息つく頃にはもう夕方。

休みが1日あるかないかの違いで年が変わった特別感は店頭に来店されるお客様の多さで感じるくらい。
実感としてはそんなところではないでしょうか?

 

ではお客様はどうでしょう?

 

多くのお客様は例えば今年(2018年から2019年)の場合12月28日に仕事納めをされて早いところは1月4日に仕事初め。
もしくは1月7日から仕事初めだったりと年末年始の休暇があった方は多いですよね。
(業種や職種によっては当てはまらない方もおられるのであくまで多くの方の一般例です。)
だから初売りにはいつも以上のお客様が来店される。

開店前に並ぶところも多く開店時間が早くなることも当たり前のようになってきています。
ネット通販が浸透して利用している方が多いのにです。

 

実際に店頭に立っていて思いませんか?
路面店かインショップかで大きく違いはあったり百貨店やファッションビルによっても大きく違いはあります。
ですがほとんどのお店が年始が一年で一番お客様が来店される時期ではないでしょうか。
(売り上げが一番かどうかはまた別です。)

 

その中でいつもと変わらず来てくれる顧客様もおられます。
もちろんいつも通り休みの日に目的を持ってお店に来てくれるわけですよね。

 

年末年始の休みも普段の休みも予定を立てて来てくれているのは同じです。
少しだけ違うのは「年末(年始)のご挨拶」が目的で来てくれるお客様もいるということ。

 

いつもよく行くショップを一日かけて回られている。
ついでにお買い物もしてくれることはありますがいつもと違うのは一番の目的ではないことでしょうか。

そんないつもとは少し違う特別な目的があるのが年末年始です。
「年始は人が多すぎるから年末に来た」とか「年始は親戚で集まるから年末に来た」という方が若干多い気もしますが。

 

買っていただいているのに「今年も一年ありがとうございました」なんて言われると心から「こちらこそ」と思いませんか?
来年もさらにこの先もお買い物に来られる本来の目的のためにでき得る限りをしようという気になります。

 

年に一度は顧客様のこういう目的があってもいいですよね。

 

いつもよく行くお店やルートにしっかりと入れてもらえるきっかけを作る

実際には名前のわかるお客様が全員年末年始に来てくれるわけではないですよね。
いつもの休みより色々と予定があるお客様の方が多いでしょうから。

何かと予定がある中で「お店に伺う」という予定の優先順位が高くないと難しい。
長く来てくれていてお店のスタッフ全員がわかる顧客様ならあり得ても比較的新しい顧客様だと難しい。

 

2019年がスタートしてこれから顧客様になっていただくお客様には今年の年末に「ご挨拶」を予定してもらうことはできない?
決してそんなことはありません。

 

初めて来店されてお買い上げいただく理由は様々だと思います。
販売員の対応によってずっと探していたものが見つかってスッキリした。
思い悩んでいたことが解決して毎日を自信を持って快適に過ごしていけそう。
たまたま通りかかっただけだったが今までチャレンジしたことがない新しい自分に気づくことができた。

などなど接客の対応によってたくさんの理由があるはずです。

 

そんな販売員がいるお店にはまた来てくれるとは思いますが他にもきっかけを作ることもできます。
そのためにお店の周りによく来るのかもしくはよく利用するお店や施設などがあるのか訪ねてみてください。

特に初めて買ってくれた場合などは何かの用事のついでであることも多いです。

 

もしそうであったならそのついでにまたお店に来てくれることを忘れないように意識してもらってください。
「いつも行く◯◯の帰りに立ち寄れるお店が増えましたね。」
買っていただいた帰り際にそんなひとことでも十分です。

 

まだ初めてなんですからついでだとしても記憶してもらえて次回また来てもらえたら嬉しいじゃないですか。
次回にも立ち寄って頼ってもらえるなら何度もその後に続けていけるわけですからね。

 

今年はまだ始まったばかりです。
今年これからできる顧客様に今年の年末にわざわざ「ご挨拶」の予定を立ててもらうきっかけを作ってみませんか?

 

 

興味を持たれた方はぜひこのTopseller.styleでお付き合いください。
では、また来週。

 

 

出勤時に聞けるオススメの音楽を1日1曲ずつ紹介していますー!
販売員の皆さんが朝聞いてお仕事が楽しくなるように。

DJスイヨウビがお届けしますので楽しみにしていてください〜。

 

 

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

音楽が好きという方でしたらどなたでも構いませんのでお気軽にぜひ🎶
登録はこちらから↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
谷口玲
About 谷口玲 133 Articles
1976年3月生まれ。 販売員歴17年。 ヨーロッパ系デザイナーズセレクトショップで販売スタート。 Paul Smithでは関西4大丸勤務。 ミセスセレクトショップは立ち上げから関わる。 レザーグッズブランドでは全国初のオンリーショップ展開に貢献。 現在、フリーランスの販売員、非常勤講師 個人ブログ:http://taniguchi-connector.net

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA