女性客に嫌われないトーク術

スポンサーリンク
stux / Pixabay

女性客の否定的ワードに翻弄されていては仕事にならない

「白?いいけど、汚れるから…」
「本革?重いよね、ほらやっぱり、あー、重い」
「ボタン?面倒だよね、急ぐときとか」
「シルク?洗えない?夏とか困るわ…」
「アイロンしないとダメ?面倒ね…」

アパレル販売員の皆さんなら、このようなこと、お客様に言われたことがあると思います。

男性が言わないことはないですが、店頭での経験上、女性は商品について否定的なコメントから入る方が圧倒的に多いです。

まだ起きてもいないことをあれこれ想像し、ああだったらどうしよう、こうなったらどうしようと、不安を勝手に量産するのが女性だと、何かの本で読んだような、読んでないような…。

GW中も否定ワードをけっこう言われたのではないでしょうか。
そんなに言うなら、毎日黒いジャージ着てナイロンのエコバッグで過ごしてくれ!!!と言いたいところですが、それは心の中で叫ぶとして、お客様はなぜこういった発言をされるのか考え、突破口を見つけていきましょう。

否定的な女性が求めているのは、デメリットを正しく超えるセールストーク

商品をご提案したり、手に取られた瞬間に、前述のような否定ワードが次々飛び出してくるものですが、これってすごいことではありませんか。
瞬時にデメリットを出してくるなんて、まるで前から考えていたみたいでしょ?
これはその通りで、たいてい以前に興味を持ったことがあるんです。その素材やカラー、デザインについて。
興味を持ったことがある=(もしかしたら)好き なんですね。
でも何らかの相性が悪くて、または正しい知識がなくて上手く使えなかった、もしくはそういう経験を聞いてそうだと思っているのです。親御さんによくそう言われた、とか。

「いいけど、汚れるから…」と言ったお客様は、白い服や小物を1つも持っていないのでしょうか?
皆だいたい白か白っぽい服は持っていますし、下手するとそう言いながら今日着てたりします。
では、なぜそんな否定的なことを言うのでしょうか。

答えは「着用するとき、汚さないように神経をつかう」のがちょっとわずらわしいから、です。白いブラウスを着た日はランチにカレーうどん食べられないかなー、とかですね。
否定の真意は「汚れるから」ではなくて「気をつかうから」「キライ」ではなく「敬遠」しているのですね。ここは重要です。
もっと言うと、ランチにカレーうどんが食べられないという、行動を制限されることがイヤなのです。

だからここで、私たち販売員が言うべきは
「確かに白は汚れますよね。でもやはり、白ならではの良さが…(汚れるけど、いいじゃん!)」ではなく、
「確かに白は気を使いますよね。でもやはり、白ならではの良さが…(少しの気づかいで、素敵になれますよ!カレーうどんは前日に食べておきましょうよ!)」なのです。

お客様は、コレを買う理由が欲しい

白いものに対して、不安だけど好きな気持ちのあるお客様は、それでもその商品を買う理由が欲しいのです。
だから、

  • このデザインなら白が一番かわいい
  • この中ならお客様には白が一番似合う
  • 手持ち服を聞いた感じだと白が一番着回せる

という事実を、買う理由としてまず伝えます。

それから

  • 汚さないための予防法
  • 汚してしまったときの対処法
    をお伝えして、不安を和らげ

最後に、コーディネート提案を付け加えて
「コレで次のおでかけのコーディネートはもう決まりましたね、楽しみですね!」と

着用イメージと、コーディネートを悩まないというメリットをお伝えできればOKです。

中には本当に以前ひどい目にあって、もうそれは買わないぞと意思の固いお客様もいらっしゃるので、そのあたりは察して接してくださいね。
イヤだって言ってるじゃない!と、商品よりもあなたが嫌われてしまいますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
アバター
About 森野 70 Articles
森野 2018/7/1迄、TopSeller.styleブログ火曜日を担当。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA