「 Line@を顧客様とのやりとりのツールとして活用の仕方教えて!」に先輩アパレル販売員が答えます。

スポンサーリンク

こんにちは、TopSeller.Style「トプセラ」のヨツモト リョウヘイです。

先週の記事で「新人アパレル販売員の勤務時間中の自撮りインスタアップは許される?」をアップしました。
これね。

「新人アパレル販売員の勤務時間中の自撮りインスタアップは許される?」に先輩アパレル販売員が答えます。

これからはSNSだけじゃなく「webを当たり前にどう活用していくか」が必須になってくるというか、店頭の販売員がどんな形でwebを店頭で活用していけばいいか?がテーマになってくると思います。

ただ単に販売だけしておけばいいって時代は既に無理があって、今はまだ業界全体が「最適なやり方の答え」に手をつけるを後回にしているだけのように感じますね。

ECがこれだけ増えて、リアル店舗の店頭に訪れるお客様の数は必然的に少なくなってきている中で「今まで通り販売だけしてください」なんて効率が悪い事はみんな百も承知なはずなんです。

でも、いつお客様が来店するか分からないリアル店舗では常に「待機」はしておかないといけない。
時間だけがただ過ぎていく。。。

本当であれば店頭でSNSで情報発信して集客し、顧客とコミュニケーションをとるほうが何倍も効率いいってわかっているはずなんです。

でも、、、まだ明日すぐにそれが店頭で行われるか?といえば無理なんですよね。
なんで無理なの?やればいいじゃん!って思われる方もいるかもしれませんが、それが長年作りあげられてきた商習慣であり文化なんでぶっ壊せないんですよ。

今まで業界で何も築き上げてきてない新規参入の人達ならできるかもしれません。
でも全体でいえば数%なんです。
だから、少しずつ変化をしていくしかない。

今ある土台を壊さないように。
少しずつ新しい物を加えていく。

そんな不器用な業界であるかもしれませんが、それでも少しずつは確実に変化しています。

先日も「Seller’s room」でそんな質問がメンバーに投げられましたしね。

本日はそんなトピックを取り上げますね

「Seller’s room」の入会はこちらから

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

 

 line@を顧客様とのやりとりのツールとして活用されてる方っていらっしゃいますか?

一斉に通知も出来て個別でやりとり出来るline@は主観ですが常に直接のやりとりよりは、お客様も自分もよりライトにやりとりが出来る気がして使えるのかな?と可能性を感じているのですが、、。

 

現役アパレル販売員さんからのアドバイス no1

お疲れ様です。会社としてお客様との個人的な繋がりがNGだったのですが、こういうツールは活用すべきですね!
私の仕事としては顧客を持ちながら店舗マネジメントもしてるというところなので、DMとかよりはかなりタイムリーに訴求でき、大変ありがたいです。

と!!

いつもならどんどん回答がつくんですが、実はこのトピックには、全然つかなかったんですよね。笑
それぐらい、やはりまだ店頭主導でLine@をはじめとした「web顧客コミュニケーション」は活用できていない状態。
それが今の多くの現状なんです。

でも、こうやって新しい取り組みは着実に始まっています。
なので、店頭の販売員の皆さん。
自分には関係ないや!とか苦手だから!とか言わずにちゃんと今から自主的にwebやSNS関連は学習しておいてくだいね。

トプセラの深地君の記事やTwitterなんかは大変勉強になりますので、必ずチェック!

 

PS

最後に僕ならLine@はこう使いますね。的なやつを載せておきます。

Line@の良いところは「ライトに登録できる」「会員一斉に情報を送信できる」でも「個別にやりとりもできる」こんなところだと思います。
加えて、アイコンとかが顔写真などになっている場合もあるので「顔がわかる」なんてのもあります。

でも一番は「登録する心理的障壁が低い」ところですよね。
ライト層をリスト化するには最適なツールです。

ですが、デメリットとしては「匿名」「数多くの企業アカウントと同じにされて無視される」「Line自体が手軽なコミュケーションツールなので、情報も軽くみられる」などがあるので、上顧客の管理には向いていない認識です。

そこを踏まえての活用方法は、Line@はあくまで簡易なリスト収集とし、そのリストからさらに絞り込む仕掛けを実施し、その中から本当に「濃い顧客」抽出をします。
例えば、その中からメルマガに誘導>登録とか。
その際には実名や電話番号など、登録のハードルをあげておきます。

そのハードルをまたいでくる顧客へは「重要なセールス」や「重要な情報」を提供していき顧客育成を進めていく感じです。

参考程度にどーぞ。

 

「INFO」

【トプセラ執筆者が御社の「現場の問題」解決いたします。】
最近セミナーや販売トレーニングのお問い合わせが多いので、お問い合わせの入り口を作りました。
セミナー等のご相談はこちらから↓

トプセラ × セミナー

「売れる販売員」のセールススキルの総集編はこちら↓

 

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

 

ご登録はこちらから↓
ヨツモトリョウヘイが作る「売れる仕組みの解説書」

 

TopSeller.Style主宰 ヨツモトのSNS

instagramはこちら

Twitterはこちらから↓

FaceBookはこちらら↓

noteはこちらから↓

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 183 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 元PaulSmith TopSeller。 アパレル販売員の情報サイトhttp://TopSeller.Style 主宰。 5歳から物売ってた販売歴35年のスキルを持つセールスコンサル。 
最近のお仕事はBMW japanアパレル部門の専属コンサル。
 でも、基本は小規模なアパレルブランドのコンサルが好きです。
 ファッション専門学校の非常勤講師もやってる。 個人ブログ > ryoheiyotsumoto.com お仕事のご依頼 > https://play-marketing.com/contact/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA