VMD 美しく見せる為の区切り方

スポンサーリンク

それは暑い月曜の昼下がり…突然やってきたのです。

 

それはヨツモト氏からの「業務連絡あるからブログ見てね^_^」の連絡。
ん?ブログで業務連絡?はい。この時点で嫌な予感しかしてません 笑。

と、まぁアップされた記事を読んでみるとまともなもので突然フラれたのは深地くんと藤村くんなので安心して夜は10時間程しか眠れませんでした。

そんな安眠を与えてくれた記事はこちら

突然ですがトプセラ3周年記念(仮)イベントやります。

 

って事で皆さんの企画楽しみにお待ちしてまーす。

 

さて、本筋に戻って今週はラックディスプレイをする際のバランスの取り方を書きたいと思います。

 

これは僕自身がディスプレイをする時の考え方なのでこれが全てという訳ではありませんので考え方の1つとした見ていただければ。

ちなみにいつもよりかなり短いのでさらっと読んでいただければ。

 

それでは、スタート!

 

簡単ラックの分け方

店内の什器の中でもかなりの割合を占めるラック。

ブランドによりハンガーピッチや、展開キャパはそれぞれですが、今回はピッチを100mmで考えてみてもらえば分かりやすいかと。

こちらは等分するやり方。上の図では区切るとなる手前を黒にして分けていますが、何も色だけが区切りではありません。ボトムやOPなどのように丈で変化をつけるもよし、S字フックなどでリズムを変えたり雑貨を挟んだりしてもよし、その手法はあなた次第!

 

こちらは簡単に中心で区切るパターン。前述のように色だけでなく中心をFOにしたり、同じくS字フック、ボトムなどで中心にアクセントを持たせて左右を分けるパターン。

安定して見やすく、商品量が少ない時などに有効ですね。

 

はい!こんな感じでどこで区切りをつけるのか?を、このように一本のラックだけで考えると大したインパクトはないのですがこれが店全体になると・・・。

それぞれのラックの区切りを統一したりMIXしたりして店舗は構成されていますが、一つだ注意した方が良いのは「無秩序にならない」です。

これってカラーや構成の話と何がちがうの?と思われるかもしれませんが全く違います。

 

せっかくS字フックなどを使い工夫したレイアウトをしているのにS字の配置がバラバラでテキトーに配置しているよりも、しっかりと区切りの意識を持って配置しているとのでは全く見えかたが変わってきます。ボトムも然り。

また、区切りでアイキャッチにするカラーなどを使うとより効果的に視覚に訴える事が出来るのです。

整えられた中のアクセントほど効果が高いものですから。

普段のカラー展開に加えてsku管理での区切りを意識すると今まで以上にステキに見えますよっ。

 

それではまた来週

毎日更新中。フォローお願いまーす。


VMDに関する過去記事はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

トプセラ過去VMD記事

 

「トプセラ3周年記念イベント(仮)企画アンケート!!」

読者の皆さんへ。
トプセラメンバーにやってほしいイベント企画募集します。
なんでもOKです。
ぜひ、皆さんこちらに送ってください↓

「トプセラ3周年記念イベント(仮)企画要望応募フォーム」

平日がいい?週末がいい?
昼間がいい?夜がいい?

無料がいい?会費あっていい?


 

 

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
Kaz
About Kaz 71 Articles
ドメスティックブランド、ラグジュアリーブランド(全てメンズ)で販売及びVMDアシスタントとして経験。販売歴10年。販売時代は店鋪VMD、CRM、スタッフ教育など全てをこなすオールラウンダーとして活躍。その後現会社にVMDとして入社。基本ミセスアッパーブランドを軸に、卸展示会、SC系レディースから百貨店の婦人服、雑貨のブランドを経験。販売経験を元に顧客目線、販売員目線でのVMDを得意とする。店作りのモットーは『買い易く、働きやすい 顧客にもスタッフにも優しい店作り』

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA