お客様を引き込む「あ、これ良いな。」と思った導線の件

スポンサーリンク

こんにちは。kazです。(@kazusanvmd )

 

さてさてー。もう読みました?読みましたよね?よね?

昨日からスタートしたトプセラweb。まだの方はぜひ読んでみてください。

めっちゃくちゃ面白いので。

「webスキルを身につけた元アパレル販売員のキャリア論」- Vol.1 実力主義の現場を求め続けたTopseller – インスタグラマー社長の「選択と集中」

 

 

さて、そんな訳で(どんな訳?)今週はめっちゃ短いですが、久しぶりに「お、これ上手いな」と思ったアイキャッチからの面で作る導線を紹介したいと思います。

 

それでは、スタート!

 

面で作る視線誘導と店内導線

まず、基本的な考え方からおさらいですが、視線誘導とは目線を奪うポイントからどのように店内の商品群、所謂、PP、IPへと視線を動かしてもらうか?を考えて配置する事です。また、それに伴い実際に店内を進んでもらう際の什器レイアウトをお客様が動く店内通路として繋げていくのを店内導線と呼びます。

で、今回紹介したい面での導線は実際にみたときに一瞬で店内奥まで目線を誘導されて引き込まれるように工夫がなされていて良いなぁ、と思ったのですがその他の部分ではグルーピングなどはちょっとアレなんで気にしないでください。

それがこれなんですが

 

 

これ見てください。思いっきりカテゴリーやシーンなどラックによっては混ざり合ってますが今回の「面で繋げる視線誘導と導線」では思いっきり繋がってますよね。ワンピースを探している方やマネキンのスタイルが気になった方には自然と奥に入っていくしかない感じ。

 

実際には他の開口面から入店するとラックの構成的にカテゴリーが混ざり見辛く感じる部分もあるのトータルとしてみればどうかな?と思うかもしれませんが一直線かつ線ではなく面で繋げていくリズムの良さなどが際立ちます。

 

基本の商品レイアウトの考え方を柔らかく持ち、ワンラックのでのカテゴライズも半分に割り、面として見える面積のでカテゴライズとレイアウトとして考えると最高かもしれないな。と、改めて思ったので今回お伝えしておこうと思った次第です。

 

 

いやー何言ってるの?こんなの当たり前だよ?と、思われるかもしれない&この角度以外から見れば商品的なつながりの無いラック構成で見方によってはNG出してしまいそうになるのですが・・・

今回はこの「一つの角度からは最高」と言った考え方で入店を促すのも攻めていて良いのかもなと思い、なんだか新鮮さを感じたので是非ともお伝えしたいと想い紹介させていただきました。

 

 

皆さんも多少片目を瞑る部分はあっても意志、想いを思って創意工夫で自分たちだけの新しいレイアウトや視線誘導法を探るのも良いと思います。

 

ちょっと短いですが今週はこの辺で。

 

それではまた来週。

 

VMDに関する過去記事はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

トプセラ過去VMD記事

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
Kaz
About Kaz 70 Articles
ドメスティックブランド、ラグジュアリーブランド(全てメンズ)で販売及びVMDアシスタントとして経験。販売歴10年。販売時代は店鋪VMD、CRM、スタッフ教育など全てをこなすオールラウンダーとして活躍。その後現会社にVMDとして入社。基本ミセスアッパーブランドを軸に、卸展示会、SC系レディースから百貨店の婦人服、雑貨のブランドを経験。販売経験を元に顧客目線、販売員目線でのVMDを得意とする。店作りのモットーは『買い易く、働きやすい 顧客にもスタッフにも優しい店作り』

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA