「スフ織物」これはレーヨン短繊維の織物です。

スポンサーリンク

お久しぶりです。南です。

 

前回、繊維長と長繊維について書きました。覚えていますか?

南のことは忘れていても、繊維長と長繊維については覚えていてくださいね。

 

長繊維があるということは短繊維もあるということです。

短繊維とは何かというと、繊維長が短い繊維のことです。主にシルクを除く、綿やウールなどの天然繊維がこれにあたります。

綿やウールは繊維長の長さがどんなに長くても何センチ単位です。で、この短い繊維を集めて紡績して糸にするわけです。

ですから、合成繊維とはまったく糸の作り方が違うということです。

 

で、短繊維のことをカタカナで「スパン」と呼びます。紡績や合繊メーカー、テキスタイル関係の人と話すと、ときどき「スパン」という言葉が出てきますが、これは短繊維を意味しています。

 

通常、大は小を兼ねると言います。

 

フィラメントである長繊維にも短繊維があります。長い物は切れば短くなりますから、長繊維の合繊を何センチか単位で切ればスパンになります。

ポリエステルもナイロンも切ればスパンになります。

ポリエステルスパンと綿を混ぜ混ぜして紡績すれば、綿ポリエステルの混紡糸になります。

 

 

そして、短繊維にはもう一つカタカナの呼び方があります。それはステープルです。ステープルファイバーとも呼ばれます。

しかし、通常の短繊維を日本ではステープルとは呼びません。ステープル、もしくはステープルファイバーと言う場合は、レーヨンの短繊維を指します。

ステープルファイバーは業界では通常、スフと略されます。昔の新聞や先物相場では「スフ」という言葉が出てきますが、これはレーヨン短繊維を指しています。

 

今でも信用情報などでは取扱品目の中に「スフ織物」というのがあり、これはレーヨン短繊維の織物ということになります。

 

スパン、ステープル、スフ、ともに紡績・合繊メーカー・商社・生地関連の会社では日常的に使われますから、覚えておいて損はないでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
南 充浩
About 南 充浩 164 Articles
1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間15万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブログ( http://minamimitsuhiro.info/ )】

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA