ファッションの「似合う理論」の全体像を知っておこう

スポンサーリンク

こんにちは!ヒロユキ(@hirooo0114)です!

Topseller.style 読者の皆様、明けましておめでとうございます。

月1の発信に切り替わり、私の発信は毎月4日のUPとなりますので、「パーソナルスタイリング」のノウハウについて詳しく知りたい方は、是非引き続きご覧頂ければ幸いです。

色んなブランドなどが続々と誕生する日々の中で、膨大な服のラインナップからお客様は日々洋服を選び、スタイリングをされていますね。

その中でもやはり感じるのは「自分だからこそ似合うファッション」を知りたい、という事。

女性は特になのですが
・似合う色を知る事の出来る「パーソナルカラー」。
・スタイルアップする方法を知る事が出来る「骨格診断」。

これらに興味がある方がとても増えてきているように感じます。

さらにそこに加えて
顔の印象から、似合うファッションを導き出す事の出来る「顔タイプ診断」というのも誕生し、徐々にメディアなどに露出してくるようになりました。

どんなモノなのか?をボンヤリ知っておくだけでも役立つ場合があるかと思いますので、今回は「似合うファッション理論の全体像」に関して、解説を致しますね!

パーソナルカラー診断

パーソナルカラー診断は「似合う色」を知る事の出来るパーソナルカラー診断。

人それぞれ、持っている「目の色・髪色・肌の色」などの個々の違いに合わせて、似合う色の傾向を伝えていくのがパーソナルカラー診断。

「赤」とか「青」が似合う!というのではなく、「似合う赤」はこんな傾向がある!と「似合う色」の方向性を、44つの季節の色調にあてはめたモノがパーソナルカラー診断となります。

その4つの季節を更に大きく2つに分けて
・イエローベース→全体的に色に黄みを帯びていて、温かみを感じる色の事
・ブルーベース→全体的に青みを帯びていて、冷たさを感じる色の事

近年では、イエベ・ブルベというような略称が付いていますが、この2つに分かれていきます。

骨格診断

骨格診断は一言で言うと「スタイルアップ方法を知る事の出来る」診断。

人それぞれの
・骨の形
・関節の発達の仕方
・筋肉や脂肪のつき方
・ボディラインの構成

などの特徴って、人それぞれ違う。だからその体型によってスタイルアップする方法って違いますよね。

その体型の特徴を大きく
・ストレートタイプ
・ウェーブタイプ
・ナチュラルタイプ

の3つに体型の特徴を分けて、スタイルアップする方法を知る事が出来ます。

僕はメンズを主戦場としているアドバイザーなのでイラストは男性ですが、ほとんどは女性の方に認知されている診断ではあります。

ストレートタイプ→厚みがあるメリハリガッシリ体型。盛りすぎずに引き算をする事でスタイルアップ出来る

ウェーブタイプ→華奢でソフト肌、上半身が薄く、下半身側にボリュームが出やすいのがウェーブ体型。華奢さを活かし細身に着ながらも、バランスを上に上に持ってくる事でスタイルアップが出来る

ナチュラルタイプ→骨感が強くガッシリ感の目立つモデルのようなスタイリッシュ体型。手足が長くスタイルは良いものの、ピタピタにしすぎると貧相に見えるので、素材に厚みやボリュームシルエットを乗せる事でスタイルアップが出来る

とザックリ大枠を解説しましたが、3タイプに応じて、スタイルアップが出来る・似合わせていく方法が違ってくるわけですね!

顔タイプ診断

顔の印象によって似合うファッションって違いますよね。だからそんな顔の印象をタイプに分けてカテゴライズし、似合うファッションを知る事が出来るのが顔タイプ診断。

男性だと画像のような4つのタイプ分けがされるのですが、女性の場合はよりアイテムの種類が数多くなる為、より細分化されて8タイプになっていきます。

子供顔→若々しい顔立ちでカジュアル感のあるファッションが似合う。子供要素の強い方はスーツが苦手に感じやすい
大人顔→大人な顔立ちで、キレイ目テイストのファッションが似合う。カジュアル感が強すぎるファッションは苦手に感じやすい

曲線→女性的(男性の場合は中性的)な印象があり、柔らかい雰囲気のファッションが似合う。スマートさ、シャープさを出しすぎるファッションは苦手に感じやすい
直線→男性的な印象があり、シャープなカッコいいテイストのファッションが似合う。可愛すぎるファッションなどが苦手に感じやすい

というザックリとした傾向があり、似合うモノも変わってきます。
大人顔の方がカジュアルに寄せたい場合は、キレイ目要素をやや残しながらもカジュアルファッションをうまく取り入れていくイメージ。

芸能人である小栗旬(クールタイプ)さんと千葉雄大(チャーミングタイプ)さんでは、同じファッションを着た場合に全くどっちにもバッチリハマる!というのがなかなか起きにくい。

これは個人のお客様にも、印象に合わせたアプローチが必要になるので、この顔タイプ診断は僕がお客様へのアドバイスをするさいに一番重視しているモノとなっています。

まとめ

という事で、「似合うファッションの全体像」を知っておきましょう!という事で代表的な
・パーソナルカラー診断
・骨格診断
・顔タイプ診断

の3つについて、ザックリどんなモノなのか?を知っていただけるよう解説をさせていただきました。

資格などを取る!まではいかなくとも、どういうモノかを知っておくだけでお客様に出来るアドバイスに深みが出るので是非知っておいて頂けましたら幸いです!

それでは、また本年もTopseller.Styleをよろしくお願いいたします!

twitterでもパーソナルスタイリング関連の情報発信をしております。
是非こちらもご覧くださいませ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
森岡 裕之
About 森岡 裕之 60 Articles
1993年生まれ。現在は某アパレルブランドにて入社3年目、店頭で販売を行なっている。その前は高卒でファッションとは無縁の工場に3年間就職。 ファッションが好きな気持ちを諦められず退職後、服飾専門学校にて3年間ショップ運営のノウハウを学び現在に至る。入社後は一年半、メンズにて販売を行いその後ウィメンズに配属。「カワイイ」で通じ合う、レディースのフィーリング要素の強い接客に苦しみ「パーソナルカラー」「骨格アドバイザー」「顔タイプアドバイザー」の理論的要素を学ぶ。センスや感覚に頼らず 理論的に根拠のある「似合う」を伝える接客を大切にし日々店頭販売に取り組んでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA