お客様のいつものお買い物ルートを変えてまであなたのところへ来てくれますか?

スポンサーリンク

こんにちは、水曜日のタニグチレイです。

寒さに弱い人はこの時期辛いですよね。
エアコンを点けていてもキーを押す指先が冷たくて難儀します。

あったかくなるまで耐え忍びましょう。

 

さて、皆様の今の店頭ではどんな状況でしょうか?
セールは落ち着いてきました?
賑わいがあった来店客も落ち着いてきました?
来て欲しいいつものお客様は来てくれました?

そうそう年末年始はお客様もわざわざご挨拶に来てくださいますよね。
お世話になったのはこちらなのにお店に出向いてくださいます。
本当にありがたいことだと思います。
新年はご挨拶がてらに今年初めのお買い物もしてくださる。
嬉しいですよね。

 

もしあなたが今のお店から異動したり別のブランドに移籍したらいつものお客様は来てくれそうですか?
異動経験がない方は想像してみてください。

 

お客様にはいつものお買い物ルートがある

全ての方とは言いませんがよく行くお店やエリア、もしかしたら曜日や時間など決めてらっしゃる方はおられます。
というより決まってくる場合もあるでしょう。

好みがありますからテイストの近いお店を探し出して何件か見て回る。
家や職場から行きやすいエリアならわざわざ出かけるというより何かのついででも都合がつけやすい。
家庭のルーティーンワークや仕事によっては身動きがとりやすい曜日や時間がある。

休みの日に計画してお出かけするなら別ですが時間が限られていたり思い立ってとなると行きやすい場所になると思います。

 

いつも来てくださるお客様も何かしら当てはまることはありませんか?

 

店頭でお話ししていて「いつもこの後どこどこの⚪︎⚪︎さんのところへ行く」というお客様おられません?

 

全然自分の好みと違うお店はおそらく情報としてまず持っていません。
そもそもあまり興味がないわけですからお店の前を通ったことがあったとしても覚えてないでしょう。
意識してないものは景色でしかなく覚えてないものです。

同じように知らない場所や時間がかかる場所も行こうとする意思がなければフラッと行くことはありません。
自分で調べたり人から聞くことがなければどうしたらいいかわからないでしょう。

自分に置き換えてみてもそうではないですか?

 

だから今いつも来てくださるお客様にはあなたのお店がいつものお買い物ルート内にきっとあるのだと思います。
そのお買い物ルート内にある目的はあなたがいるお店(ブランド)でしょうか?
それともあなたでしょうか?

 

お買い物に来る目的があなたのいるお店であればお買い物ルートは変わらない

いつも来てくださるお客様は何が目的で来てくれているのでしょう?

お客様の好みの服やバッグが置いてあるから?
好きそうな新作は入荷前に連絡してくれて取り置きしてくれるから?
いつ来ても気負わずお店にいられてお買い物ができるから?

 

こういった理由もあるでしょうし一見様にはない理由だと思います。
継続して来てくれる立派な目的ですよね。

 

でもこの目的はあなたのお店(ブランド)であってあなたではない
そのお客様をよく知ってくれている販売員が来店される時にいたらそれほど問題はないわけです。
あなたもそのひとり。

 

なにもこれは悪いと言っているわけではありません。
いろいろなものがあり買い方もいろいろある中で常にお買い物に来てくださるのはとてもありがたいことですから。

 

ただもしあなたが異動したり移籍しても今まで通りと変わらないかもしれません。
今まで通りそのお店にお買い物に来ていつものお買い物ルートは変わらず続いていく。

この場合は元々の販売員のメンバーに託して今後も来ていただけるように期待しましょう。

 

お買い物に来る目的があなたであればお買い物ルートは変えてくれる

先ほどと同じですがいつも来てくださるお客様は何が目的で来てくれているのでしょう?

あなたが提案してくれる服やバッグを身につけて友達に会うといつも褒めてもらえるから?
自分だけでは思いもしなかった似合うシルエットや色を気づかせてくれるから?
いつ来てもあなたと話していると新しいことに気づいてチャレンジしたい格好が浮かんでくるから?

 

こういった理由も継続して来てくれる立派な目的ですよね。

 

そしてこの目的はあなたであってあなたのお店(ブランド)でなくてもいいかもしれない
あなたでありあなたのお店(ブランド)であるからより一層という場合もあるでしょう。

どちらにしてもまずはあなたが目的であること。

 

もしあなたが異動したり移籍したらおそらくいつものお買い物ルートを変えてくれると思います。
もしくはいつものお買い物ルートはそのままに増やしてくれるかもしれませんね。

 

しばらくしたら「このあたり初めて来ましたよ」なんて言いながらきっと来てくれます。

その時は言うまでもなくわざわざ新しいお買い物ルートを作って来てくださる目的を提案し続けてくださいね。

 

できたらその時に近くでお好みに合いそうなお店などをおすすめできたら喜ばれると思います。
おいしいゴハンが食べられるお店やちょっと足を伸ばしたら行ける観光スポットなど。

せっかく来ていただいたときに時間があれば見ていただきお気に入りを見つけてもらい楽しんで欲しいでしょ?
お好みに合いそうなお店を紹介したらそちらに行ってしまいそうと心配になりますか?

 

わざわざあなたのためにお買い物ルートを変えてくださったお客様なら大丈夫。
また次回来てくれたときに楽しそうに報告してくれますよ。

 

 

興味を持たれた方はぜひこのTopseller.styleでお付き合いください。
では、また来週。

 

 

【TopSellerの執筆者が書く「表では話せない話」はこちら→トプセラ×note

 

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
谷口玲
About 谷口玲 210 Articles
1976年3月生まれ。 販売員歴18年。 メンズはヨーロッパ系デザイナーズセレクトショップと英国デザイナーズブランド、レザーグッズブランドで販売。 レディースはミセスセレクトショップとドメスティックデザイナーズブランドで販売。 今まで大阪、神戸、京都、広島、札幌、東京、横浜などの百貨店を中心に店頭に立ち現在はフリーランスの販売員。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA