ひとつだけ、方法教えます!

スポンサーリンク

こう暑いと、お店に涼みに来るお客様も増えちゃいますね。
これをどうとらえるかは、あなた次第。
涼みに来ただけのお客様か、目的のあるお客様か、見極める観察力の養い時かもしれないし、
涼みに来ただけのお客様にお財布を開かせる実力の試し時かもしれないですね。

さて、先週の記事は

見たものが何だか分からないと、
お客様の好みや傾向を察することが難しいので、
世の中の商品を知っておくといいですよ

といった内容でした。
読んでくれた販売員さんの中で

「そんな時間ないよ」
「休みの日はゴロゴロしてたい」
「世の中の商品なんて果てしないよ」

と思った方はいませんか?

いいんです、わかります。
正直ですね。

でも私の願いは、アパレル販売員の観察力のベースアップなので、今日は、それについて私が普段やっている方法のひとつを教えます。

それは

大手通販サイトを見ることです。

店頭の販売員が敵視しがちな通販サイトですが、実は、世の中の商品を家のソファでゴロゴロしながらでもチェックできる、超便利なツールなんです。

商業施設の多くない地方にお住まいでも大丈夫。
部屋着のままでいいですよ、もちろんノーメイクOK。
アイス食べながらでもOK。

この方法で得られることは

  • 各ショップの取扱いブランド
  • 各ブランドのイベントやピックアップ情報、価格情報
  • 検索ランキングでユーザーが気になっているアイテムの情報(売上ランキングは無視でOK)
  • アイテムのバリエーション
  • 商品の素材、寸法から察するシルエット

等々

興味のあるブランドから見ていくといいし、
興味のあるアイテムから絞って見ていってもいいです。

あら?
これって
普通に何か欲しくてサイト見てるお客さんと同じ見方では??

はい、そうです。これが本当の顧客視点です。

お店に勤めていると、気づかないうちに井の中の蛙になってしまうものです。
「うちにしては安い、うちにしてはこだわってる、うちにしては素材がいい、うちにしては…」

お客様は別に「うち」から選ばなくていいんです。
だから、「うち」以外を知っておくと、本当の顧客視点で、ものが言えるようになります。

より説得力のある、セールストークを展開できるようになります。

各ブランドの公式HPもいいですが、お忙しい方には、最優先ではないです。

なぜかというと、とてもキレイだし、世界観に溢れているけど、SNSで例えるとあれはInstagram。
ブランドの公式通販サイトはFacebook。
大手通販サイトは、そこそこ信用度の高いキュレーションサイト。

何か気になることがあるときって、キュレーションサイト見ちゃいませんか?
顧客視点を知りたければ顧客になるのが一番です。

ぜひやってみてください。

 

PS

無駄な出費にはご注意を~!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
森野 咲
About 森野 咲 100 Articles
森野 咲 (Saki Morino) 1979年神奈川県生まれ 販売員歴通算16年、店長経験5年。 (株)ワールドストアパートナーズ→スターバックスコーヒージャパン(株)→(株)トゥモローランド→(株)LVMHグループ →個人事業主として2016年に独立、鞄メーカーの販売にあたる。月刊誌「ファッション販売」執筆中。 30代半ばでもう若くないと一度販売を辞めたものの、すぐ復帰しました。限界だと思いたかったけど違いました。やっぱり店頭が好きです。 2018/7/1迄、TopSeller.styleブログ火曜日を担当。 https://note.mu/funrastic

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA