糸の太さを表す番手について

スポンサーリンク

今日は「糸」の話を少し。

織物でも編み物でも生地を構成するのは「糸」です。

太い糸で作られた生地は厚くなりますし、細い糸で作られた生地は薄くなります。

糸の太さを表す単位があります。

糸にはポリエステルやナイロン、アクリルなどの合成繊維と、綿・麻・ウールなどの天然繊維があります。

綿・麻・ウールの糸の太さを表す単位として「番手」があります。

例えば、先日、1990円(税込み)の定価が1393円(税込み)に値下がりした無印良品の太番手ボーダー柄Tシャツという商品があります。

この「太番手」というのは何かというと、生地を編んでいる糸が太いということなのです。

で、番手は数字を付けます。

1番手とか80番手とか100番手とか。

数字の小さいほど糸は太くなり、数字が大きいほど糸は細くなります。

ですから1番手が最も太く、100番手になるとかなり細い糸だということになります。
また、読み方にも特徴があります。

1番手は普通に「いちばん」と読みますが、10番手になると「いちまる」と読みます。20番手は「にーまる」、30番手は「さんまる」・・・・以下同様という感じです。

また、紡績された糸だけの場合を単糸(たんし)といいますが、単子同士を撚り合わせた糸を「双糸(そうし)」と呼びます。ドレスシャツなどでよく用いられる「80番手双糸使い」とか「100番手双糸使い」というのは、80番手の糸を2本撚り合わせていますよということです。

80番手の糸を2本撚り合わせていますので、太さは倍になります。40番手単糸と同じ太さになります。100番手双糸も同じで、50番手単糸と同じ太さになります。

読み方は「はちまるそう(80番手双糸)」「はちまるたん(80番手単糸)」となります。

あまり見かけませんが、3本を撚り合わせた糸を「三子糸(みこいと)」と呼びます。

さて、今日の本題はこれからです。綿・麻・ウールはそれぞれ糸の太さの単位として「番手」を使います。数字が小さいほど太く、大きいほど細くなるのは同じです。

1番手は綿でも麻でもウールでも最も太いのは変わりませんし、100番手がかなり細いのも変わりません。

しかし、綿と麻とウールでは同じ1番手でも太さがそれぞれ違うのです。

それぞれ番手の太さが違い、厳密には綿番手、麻番手、毛番手という分け方になります。
そしてその太さの計算式があります。

ちょっとややこしいですよ。原則的に綿糸よりも麻糸、ウールの方が太いのです。

綿番手×1・693365 =毛番手

綿番手×2・80001 =麻番手

となります。

ですから、綿の20番手は33・9毛番手になりますし、56・1麻番手になります。

今はウェブ上に番手換算表が公開されていますから、興味のある人は自分でもググってみてください。

ちょっとややこしい話でしたが、これを知っておくと、生地のことが理解しやすくなるのではないでしょうか。

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
南 充浩
About 南 充浩 68 Articles
1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間15万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブログ( http://minamimitsuhiro.info/ )】

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA