自社商品以外をお客様にすすめる販売員の覚悟

スポンサーリンク

こんにちは、TopSeller.Style「トプセラ」のヨツモト リョウヘイです。

自社の商品以外をお客様にすすめた事ありますか?

できれば自社の商品を買って欲しい。
それも勿論わかっている上での質問です。
販売員という職歴が長ければ1回ぐらいはある経験かと。

なぜ、こんな質問を突然聞いたかと言いますと、、、こちら。

https://twitter.com/lingerie1108/status/1141993534368563203

元々下着販売の販売員をされていて現在は「最適な下着を見つけるためのコンサル」をされているちーちょろすさんの記事を読んで。
記事の中に僕の名前がちょいとでていたって事もあるんですが、読んでみて思うことがあったからなんです。

 

自社の商品を販売しないといけない職務的使命感と顧客に一番最適な商品をすすめたい個人的使命感の葛藤

 

自社のブランドを売ることはとても大切なことですが、
私は自分の会社よりもお客様のことの方が大切です。(でした)

例えばお客様にぴったりの形やサイズが自店にはない場合。
お客様に「購入はお急ぎでしょうか?」と伺って、
今必要なら姉妹サイズ、急ぎでないなら発注か取り寄せなど対策を取れます。

「自分のお店だけ」と思わず、下着業界全てを自分の中の在庫にします。
それがお客様にとって本当のプロだと思います。

 

この一文が顧客にとって一番正解に近いと思います。
でも、実際に店頭に立つと「自社の売上をいかに向上させるか?」を目標に仕事をしないといけません。
その葛藤はこの記事を書いたちーちょろすさんも販売員時代に抱え、今の「全ての商品の中から最適な商品をすすめられる」環境に身をうつす事となったと聞いています。

以前に比べお客様はwebから様々な商品やブランドの情報を仕入れる事が可能になていますが、それはお客様だけでなく「販売員」自身も同じです。
自社の商品を愛していたとしても「全ての顧客に万能ではない」という事は知っているんです。

アンサーツィートの中でも書きましたが「すすめられない事情」がある中で他社の商品をすすめるには「覚悟」が必要になります。

たとえ答えが「大きな目で見て顧客の選択肢を増やす為に自店の商品以外も最適であれば選択肢として伝える事が将来的には自店の売上に繋がる事がわかいる」だとしてもです。
なぜなら、企業に雇われ働く会社員としての使命は「自社の利益を最大にする企業活動」であるから。
その評価によって自身のキャリアや給与、雇用が変わってくるから。

会社員としての評価を投げ捨てる覚悟をもって、目の前で取れるかもしれない売上を放棄する事ができるか。

これってほんと馬鹿げた話ですよね。
すすめたいのにすすめられないんですよ。
結果的に一番大切な顧客に嘘ついてまで売上とりに行かないといけないんですよ。

でも、これって今の店頭じゃどうしようもないんです。

できるのは「覚悟をもった販売員」
はみ出し者になれる覚悟がある販売員

 

でも、そろそろ解決しないといけない時期にきているのかもしれません。
先ほども行ったように、顧客も販売員も膨大な情報に簡単にアクセスできるんですから。
その為には前回にも書きましたが「めんどくさい事を先送りにしてきた」この業界の意識を変えないと始まらない。

 

「売れない」という大罪を作り出した原因は「めんどくさい事を先送りにした事」

 

 

これからの求められるのは「自社の商品だけをすすめる=顧客の選択肢を限定する」ではなく「他社の商品も全てすすめる=顧客の選択肢をできるだけ増やす」でもなく

「顧客にとって最適な選択肢を選択しやすい数量で揃える」のが求められている。
つまり「パーソナライズされた情報の編集力」が求められる時代だって気が付いているはず。

そして結果的にそれが強い企業やブランドが「多くの顧客に支持され多くの売上を作れる」

企業の上層部から考え方をアップデートしていかないと店頭の販売員も、店頭にくる顧客からもそっぽ向かれる未来がすぐそこにきている。

 

僕はそう思う。

あなたはどう思う?

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「キャリアの保険」無料セミナー@ZOOM ” Make your career choices” あなたのキャリアをデジタルで拡張せよ 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 201 Articles
PLAY inc 代表/リテールコンサルタント 全力でアパレル販売員を応援するメディア「TopSeller.Style」主宰 文化服装学院リテイルブランディング科 特別講師 アパレル企業のリテールマネジメントやBMW japanなどの他業界でもセールスコンサルティングを提供し、近年はリテール販売員のDX化を推進するデジタルセールス&マーケティングコンサルティングも実施。 アパレル業界全体のリテールロイヤリティ向上を目指しwebメディア「TopSeller.Style 」の運営や文化服装学院の特別講師も務める。 リアル.デジタル.経営.ベンダー全てを経験し四方向のナレッジをカバーできるスキルが強み。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA