ブランド=商品ではない?!とは+トプセラ3周年イベントダイジェスト動画付き

スポンサーリンク

こんばんは。
トプセラ水曜若手枠EC担当の藤村です。

今日はいつものECについての記事に加えて
昨日、乃木坂で開催されたトプセラ3周年イベントのダイジェスト動画を公開します!
とても濃い内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

*****

さて自分は仕事柄、ファッション業界の情報だけではなく
EC関連の情報も仕入れているのですが、今日はそんな中で見つけた記事で
とても興味深いものがありました。

【保存版】ネットショップで売上を上げ続ける為に必要な13のtips

こちらはタイトル通り、ネットショップを運営されている自分のような人間向けの記事なのですが
その冒頭にこんな一文がありました。

「製品」と「商品」は違うという話もあります。「製品」に対しての意味づけがあって初めて「商品」になるので、意味付けがされないとそもそも買い物の対象にはならないのです。

「製品ではなく商品を売る」とは?

この記事を読んでいる中で初めに頭に浮かんでいたのは

・製品=Tシャツ、パンツ
・商品=〇〇のTシャツ、〇〇のパンツ

のように、ただのTシャツは「製品」でも付加価値として
ブランドや産地などがつけばそれは「商品」となるのでは?
というものでした。

例えば「阿寒湖のまりも」をネットショップで売る場合を想像してみてください。北海道に行き、観光の記念に阿寒湖のまりもは買うかもしれないですが、ネットショップでわざわざ阿寒湖のまりもを買う理由ってないですよね。ですが一般的な考えだと、阿寒湖のまりもは有名だから通販をしようと話が進み、結果全然売れなかったという話はざらにあります。しかし「阿寒湖のまりも」にちゃんと意味付けをすると売れる商品になるんです。

熱帯魚用品屋さんにまりもを卸してもらい、水槽を彩るアクアリウムグッズとして売るのです。北海道のお土産屋さんとは全く違う売り方ですけど、これで通販で阿寒湖のまりもを買う意味が成り立った1つの例ですね。

つまり

・製品=Tシャツ、パンツ
・商品=お客さんが買う意味(=価値)のある製品≠ブランド、産地、有名原料

ということなんですね。

ブランドは付加価値か?

最近いろいろなブランドが立ち上がっています。
全くの新規のものや、かつてあったブランドのリブランディングなど。

ECの普及によって、店舗を構えなくても商品を売ることが出来るようになった事で
より促進しているのだと思います。

これは別に悪いことでは無く、ファッションの多様性であったり
純粋に新しいものが出てくる楽しみなどがありますよね。

しかし、この傾向に偏りすぎてしまう事には大きな落とし穴があります。
それは冒頭にあげたお客さんが買う意味(=価値)からの乖離です。

お客さんにとってブランドや産地、有名原料などが本当に価値のあるものなのか?
という視点が抜け落ちてしまう危険性があるという事です。

従来の付加価値の先へ

では、お客さんにとっての価値とは?

まさにこれが必要なわけですよ。
これは何も店頭の販売員さんだけではなく、自分のようなECで売っている人間も
社内の人間も含めて。

という事で、今後もそういったお客さんの未来をつくるためには?を
トプセラは発信していくわけですが
昨夜、まさにその片鱗が記事を飛び出したイベントが開催されました!

トプセラ3周年イベント特別ダイジェスト

 

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
藤村淳一郎
About 藤村淳一郎 15 Articles
1990年生まれ。幼いころからパソコンやケータイに囲まれてきたミレニアル世代。現在はアパレルメーカーで自社ECサイトの運営。その前は対百貨店営業として2年間16店舗40名以上の販売員さんとともに仕事をし、その間2店舗の新店オープンと2店舗の退店があったりと現場の濃い部分を経験。またそれ以前のアルバイト時代はカフェとアパレルで合わせて4年間接客業を経験し、お客さんと直に触れ合い販売する事の「楽しさと難しさ」も味わう。仕事以外ではサッカーや音楽・アートそして多くの人と触れ合うことでネット上の画像や動画にはないリアルの素晴らしさを知る。現在ECで販売をしている中で大切にしている事は「お客さんには一番快適な方法で買ってもらう事」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA