「大事な○○ちゃんと整ってる?」服の試着時の意外な盲点

スポンサーリンク

こんにちは!ヒロユキ(@hirooo0114)です!

私ヒロユキも、年内はこちらの記事が最後となりました。

いつもご覧くださった読者の皆様、本当にありがとうございます!!

「似合うファッション」を知る4つのポイント

という所で、前回までは「似合うファッション」を知る4つのポイントという
「似合いますね」って皆言うけど、何を持ってそれを言っているの!?というのを言葉に表して解説を致しました。

こちらは是非お客様のご提案時に、思考がクリアになるので参考にいただければと思います。

私事ですが、この1年でとても色々なヘアスタイルにチャレンジしてみて、髪型をコロコロ変えてイメチェンを繰り返していたんですよ。

その時に気付いたんですよね。「髪型で似合う服結構変わるな。。」と。

これは試着時に違和感が出た時にここに紐づくんじゃないかな?と思い記事におこしてみようかと思いました。

なので、似合うの分かれ目になる「大事な髪型はちゃんと整ってる?」という所について今回は解説していきます!

ナチュラルなヘアセットの場合

この図を軸に解説していきます!

より大きな分かれ目になるのが「子供っぽいか大人っぽいか」という所。

この髪型だと、前髪を下ろしたナチュラルなヘアセットで、子供顔の方の見え方になります。
その為に、パーカーなんかを着るカジュアルなスタイルがとてもマッチしますが、逆にバッチリスーツをキメるスタイルなんかになると、「本当に似合ってるのかな・・?」となりやすかったりします。

前髪を下ろしたスタイルや、最近若い方で増えてるマッシュヘアなんかはこの見え方になるので、同じようなケースがあった場合はそこを疑ってみるのも1つですね!

女性の場合であれば、レングスが大きくいつもと変えてイメチェンをされていたり、前髪を下ろすスタイルにされている時なんかは同じ事が言えるかと思います。

ナチュラルな髪型=カジュアルが似合いやすい
バッチリヘアセットした髪型=キレイ目・ドレスが似合いやすい

となりやすい訳ですね。

大人カッチリなヘアセットの場合

こちらの前髪をアップバンクにした髪型だと、より大人顔の印象になりますね。

なので、ジャケットを着たりスーツを着たりするスタイルにすんごくしっくり来ます。

なんですが、パーカーとかをドカジュアルに着るスタイルだったり
画像のような男らしいヘアスタイルに対して、柔らかい色味かつカジュアルなベージュのワイドパンツとかを履くと「全然似合わないんだけど。。」と絶望した事がありました。

大人っぽさが強く出る髪型や、ベリーショートのツンツン系などの男らしさが強く出る髪型は、カジュアルを苦手に感じやすくなります。

女性の場合も、髪をしっかり巻いてきた!キメてきた!の場合はこっちの大人顔の印象になりますね。

大人さの際立つヘアセットの場合はキレイ目がとてもシックリ来ますが、カジュアル感が強いスタイルに違和感が出た場合は、ここが起因してる可能性もありますね!

ノーセットとキメキメで来た場合の見え方の違い

という事で
・ナチュラルなヘアセットであれば、カジュアルが似合いやすい
・バッチリキメた大人なヘアセットであれば、キレイ目が似合いやすい

と言えます。

僕自身も、ノーセットでジャケットとかを試着しに行ったりしても、あんまりしっくりこない事が多くて。笑

なので、是非お買い物をする側の方々も、バッチリヘアセットをして洋服を見に行く事でそこの違和感をなくしながら確実な買い物が出来ると思うので参考にしてみて下さいね!

ご自身のお買い物に・接客のアドバイスに。
お役立て頂けましたら幸いです。

読者の皆様、いつもご覧頂きありがとうございました!

それでは、また来年もTopseller.Styleをよろしくお願いいたします!

twitterでもパーソナルスタイリング関連の情報発信をしております。
是非こちらもご覧くださいませ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
森岡 裕之
About 森岡 裕之 60 Articles
1993年生まれ。現在は某アパレルブランドにて入社3年目、店頭で販売を行なっている。その前は高卒でファッションとは無縁の工場に3年間就職。 ファッションが好きな気持ちを諦められず退職後、服飾専門学校にて3年間ショップ運営のノウハウを学び現在に至る。入社後は一年半、メンズにて販売を行いその後ウィメンズに配属。「カワイイ」で通じ合う、レディースのフィーリング要素の強い接客に苦しみ「パーソナルカラー」「骨格アドバイザー」「顔タイプアドバイザー」の理論的要素を学ぶ。センスや感覚に頼らず 理論的に根拠のある「似合う」を伝える接客を大切にし日々店頭販売に取り組んでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA