モノではなく能力を買ってもらう方法。

ヨツモトです。

 

今の小売業界で無視できないのがイーコマース。

 

ファッションの業界でも、ZOZO、楽天をはじめ最近ではamazonも
本格的に参入し、リアル店舗の必要性や付加価値を問われる事も
多くなってきた。

 

そして、その問われる中に必ずテーマに上がるのが

 

『販売員の役割、必要性』

 

要するに、ネット上で全ての情報を仕入れる事が出来るこの時代に
わざわざ店舗に行った時に販売員は何をお客さんにサービスをするか?
という事です。

 

長時間立ちっぱなしの仕事。
見た目の華やかさは断片的なモノで、泥臭い作業も多い。
社会的マナーは勿論の事、毎シーズン多品種の商品が入れ替わる度に必要な商品知識の習得。

商品だけではなく、ファッション全体のトレンドも把握しとく必要がある。

最低限これらの事を備えながら、さらにお客さんパーソナルに合わせた
コーディネートするスキルも要求される。

 

そんな、非常に多岐にわたった知識やスキルが必要な仕事に懸命に
取り組んでいる、多くの現役販売員。

 

でも残念ながら、これだけ必死に取り組んでいてもイーコマースと比較され、
『必要性』や『付加価値』を問われる。

 

そんな懸命に取り組んでいても、報われない販売員さん達を見ていると
「もったいない」って思う。
なにが?

 

それだけ真摯に取り組んで努力してるのに
なぜ『モノ』だけを売ろうとし、『能力』を買ってもらおうとしないのか?って。

 

あなたが販売するのは『モノ』でなく、『能力』

 

今の時代に求められる、販売員の仕事はただ単に『モノ』を販売する仕事
ではなくなっている。

お客さんが欲しいのは、あなたの持つ『能力』にお金を払いたがっている。

この事に気が付いてないヒトが多い。

 

モノ自体は既に世の中に溢れかえっている。
しかも、既にお客さんが納得するクオリティのモノばかりが溢れかえっている。

 

誤解を恐れずに言えばモノは何だっていい。

多分、お客さんに何を買ってもらっても不正解になる事は今はほとんどない時代。

 

その安心感がある一定基準に達しているからこそ、これだけイーコマースの
利用が増えた大きな要因でもある。

 

それでも、わざわざ店舗にお客さんが足を運ぶのは
『あなた=販売員』期待してるから。

 

つまり、あなたの能力を買いたいからです。

 

あなたは『モノ』ではなく、あなたの『能力』を販売するコトが出来るって事だ。

今まで販売員として物販で『モノ』を売ってお金を貰ってきたあなたは
ピンとこないかもしれない。

でも、今のお客さん達はあなたの能力にお金を払いたいのです。

 

販売員はマーケッターの視点を持ち、コンサルタントの問題解決スキルをもて

 

あなたの店にある商品。
形ある商品。
これは、あなたが販売する商品ではない。

あなたがお客さんの問題を解決する為のツールにしか過ぎない。

 

たった1つのコトを変えるだけで、トップセラー販売員にエントリーできる。

実はそんなに難しいコトではないのに、多くの販売員さんが気が付いていない。

モノを、売るコトを、やめる。

 

あなたが買ってもらう商品は

お客さんの問題を解決する能力

 

たったこれだけで、たったこの考え方
1つで、劇的にあなたの販売スキルの向上スピードは激変する。

 

次回からこのモノを売らずに能力を買ってもらう方法をお伝えしていきますよ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 50 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

1 Comment

  1. はじめまして。中谷と申します。
    繊研の記事を拝見しWEBにたどり着きました。
    私は現在、アパレルコンシェルと言うファッション業界の人材紹介会社に
    在籍しております。15年前は大手アパレルで素材開発をしておりました。

    南さんの経産省の講習も聞きました。
    新たな販売員の有り方を感じましたので是非、今後も頑張ってください。
    WEBも時々拝見させて戴きます。
    弊社のブログにも掲載させて戴ければと思います。
    宜しくお願いいたします。

    http://www.apparel-consulting.com/service/consulting_firm/nakatani.html
    http://www.apalog.com/nakatani/
    http://fashionstudies.org/studies/fashion-manu-facture-001/ 産地の匠のセミナーを3者で協賛してます(インターセンス)

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA