VMDの基本、覚えてる?

スポンサーリンク

10月なのに暑い!

でも朝、夜といくらか過ごしやすくなってきましたね。

さぁ!秋本番!ここから実需に向けて売り上げも加速させて行きたい気持ちでいっぱいのkazです。(@kazusanvmd)こんにちは。

さて、本日はそんな実需に向けてVMDのおさらいをしておこー!と、言う事で基礎知識の振り返りをまとめてみました。

いつでも初心戻り基礎を疎かにしないのが大切です。

と、言う事でスタート!

 

VMDとは?と、基礎用語

まずは本当に基礎の基礎から。

VMDとは?を書いた初記事から。

僕の中ではVMD=ヴィジュアルマーチャンダイジングではなく、やっぱり想いを伝えるツールかなぁっと。もちろんそこに至るまでにMD的な部分なども関わるのですが・・・。

それだけではなく、本当に気持ちの部分を感じてもらえれば幸いです。

VMDの本当のトコロ

 

 

基礎用語

VMDの基礎用語を理解すれば店舗編集は劇的に変わる

意外と知らない基礎用語。言葉そのままにこれを理解すれば劇的に編集内容が変わるし、他の人にも伝えられる。

やっぱりVMDは伝えてナンボ。

 

構成のテクニック

【構成】を制すものが【ディスプレイ】を制す①

【構成】を制するものが【ディスプレイ】を制す②

VMDと言えば構成、構成と言えばVMDと言えるぐらいの間柄。

これをインプットしてアウトプットのタイミングと場所を適正にできれば何も怖いものなどない!

 

心理的購買行動に対するVMDの役割

売り上げを上げる為になぜVMDが必要なのか vol.1

 

VMDと言えば購買心理。と言えるぐらいに密接に関わっています。

その心理をついてこそのVMD。

まずは気持ちを伝える前に人の気持ちを知ることが大切です。

 

と、ここまでマインドセットから実際のスキルまでまとめてみましたが、実際どうでしょうか?

人の気持ちを理解するVMDを組んでいますか?

独りよがりになっていませんか?

今一度立ち止まって確認をして見てください。

そこに答えはあるはずです。

 

それではまた来週。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
Kaz
About Kaz 70 Articles
ドメスティックブランド、ラグジュアリーブランド(全てメンズ)で販売及びVMDアシスタントとして経験。販売歴10年。販売時代は店鋪VMD、CRM、スタッフ教育など全てをこなすオールラウンダーとして活躍。その後現会社にVMDとして入社。基本ミセスアッパーブランドを軸に、卸展示会、SC系レディースから百貨店の婦人服、雑貨のブランドを経験。販売経験を元に顧客目線、販売員目線でのVMDを得意とする。店作りのモットーは『買い易く、働きやすい 顧客にもスタッフにも優しい店作り』

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA