個人売り最下位だったアパレル未経験な販売員がトプセラに出会って。

スポンサーリンク

みなさま、はじめましてKosuです。

今日より、トプセラ水曜日のセールス&店舗マネジメントを担当させていただくことになりました。
読者も特に多いこのコーナーにプレッシャーを感じずにはいられません!
まずは、私の自己紹介を!

私はライフスタイルセレクトショップで現役販売員をしております
店舗では入社半年で、メンズ、スーツ、雑貨、キッズなどほぼ全ての兼任担当者になり担当カテゴリーで実績を出す。
その結果、現場と兼任しメンズ商品の営業企画にも初年度から携わり、商品構成、競合調査などにも参画。
常にトップクラスの実績を作り続ける。
そして、もっと店舗が良くなるにはどうすれば良いのかと店舗の枠からでて活動中。

と、、、今の経歴だけ書けばスゴそうに見えますが、もともとはそんなことはありません。
昔を遡ると、、、

大手広告代理店での挫折からスタート。。。

私は大学卒業後は上場している大手広告代理店に異常な倍率を潜り抜けて入社しました。
これで、オレも成り上がれるぞ!(何にかは知りません)と社会人生活をスタートさせるも、営業の現実と単なる物売りの世界に挫折して数カ月でやめてしまいます。
やることがなくなった私は、1か月ぐらい引きこもりでした。
そろそろ、働かないと食うに困るというわけで、職探しを始めます。

アパレルへ未経験で販売員になったはいいが。。。

営業はダメだったけど自分次第で結果が変えられる仕事には未練があったので、探してみると販売職の求人がたくさんありました。
SC(ショッピングセンター)のオープンラッシュ時期だったのです。

そこでアパレルの世界に初めて飛び込みます。
もとから服が好きとかは一切ありませんでした。
まずは、メンズオンリーのセレクトショップに入社。

アパレルのことを何も知らない私でしたので、スタッフの言う「カッコイイ」が何を指しているのか意味不明でした。

サイズってMとLしかないの?Sは売ってないのか?などカルチャーショック連発。
少しパンチの利いたブランドだったので1つの商品を売るのに四苦八苦する日々。
ブランド、商品、接客、全て1から勉強の日々、、、失敗も多く鉄パイプ持って怒られたことも、、、

もちろん、個人売りは常に最下位ですよ!

ですが、単なる物売りではなくブランドの想いや面白さを伝えて売ることができるこの仕事がすぐ好きになりました。
また、知名度はないブランドでしたが圧倒的なフロアマネジメントを徹底しておりSC顧客満足度では1位を取る店舗で教育、マネジメントのすごさもここで学びました。
その後、3店舗に勤務後、もっとトータルに何でも販売してみたいと思い現在のライフスタイルセレクトショップに入社します。

大手セレクトに入社したもハイパー人員不足が立ちはだかる。。。

知名度も抜群のブランドでしたが、ここでも苦労がなくなることはありませんでした。
ここでは、メンズ、レディース、キッズ、雑貨 はたまた家具と扱う商品数は膨大で商品知識覚えるのが大変!
スタッフ数も以前の3~4倍でマネジメントが大変!古株店舗のため自分の顧客もいない!

いろんな努力を惜しみなく注ぎ一つ一つ課題をクリアしていく日々かと思いきや、ブランド新規出店などに伴い所属店舗のスタッフが大幅に減り店舗はハイパー人員不足になる。
100坪以上の店舗なので人員不足は死活問題です。

そのため、朝は1人でオープンするとか無茶苦茶なことも、、、もう個人がパフォーマーであるしか店が回せない状況に追い込まれる。
その経験を見込まれ、人員が足りないドル箱新店に派遣され店長と私以外が新人アルバイトという環境で営業を行う。

ようやく、人員体制が整い新体制がスタートするも、働くスタッフが学生、主婦、新人と多種多様になり今までのやり方が通用しなくなって人間関係も悪化。

 

個人での成果&能力は申し分ないのになんかうまくいかない。。。

まだ、販売力が足りないんだと販売に精を出すがうまくいかない。
そして、現場で行き詰まりどうしたらいいのか困ったときに出会ったのが、このトプセラです。
トプセラからのアドバイスは「販売以外の他のスキルを伸ばすこと」とのこと細かい部分は割愛しますが、

その時の私がコチラ

優秀なアパレル販売員が「サブ」になった途端に「優秀では無くなる」よくある話の解決方法。

 

今までと違う事に努力の矛先を向け、私の店舗が全店1位実績が出たのはトプセラとの出会いの後なのです。

私は華やかなキャリアではなく、泥臭い経験の方が圧倒的に多く、厳しい現実に何度も挫折し上手くいくことより失敗を重ねてきた人間です。
このトプセラを見ている人の中にはこういった現場での悩みを抱えている方は多く、言う場所もない人も多いのではないでしょうか?

ここまで、細かく自分を紹介したのは、 私も今も常に起こる問題に四苦八苦しながら対応している皆さんと同じ現場スタッフであることを知ってほしかったから。

本などでは絶対に載っていないし解決できないリアルな悩みを等身大で感じてほしいから。

私のようにこのトプセラでの発信で変わる人が出てくる事を信じて、役立つ情報をお届けしていきますので宜しくお願いします!

記事の反響や扱ってほしいことなどございましたらツイッターへどうぞ!

さて長い自己紹介はここまでにして、販売コンテンツも少し、、、

正月商戦は終わった!今からにすぐ切り替えろ!

正月商戦みなさんいかがでしたか?

厳しい!売れない!アウターめっちゃ在庫ある!なんて声が聞こえてきそうです、、、
でもそれって振り返ると去年もですよね。暖冬でアウターが売れないのはだいぶ前からわかってたこと。
だからニットなど中物コツコツ売る接客が大事になるなんてこともよく言われてましたよね。

年末年始で忙しくて目の前の事でいっぱいいっぱいになるのは仕方のないこと、
でも、お客様のことを予測しておくことは忘れてはいけません。
クリスマス、年末年始セール、次に来るのは何か?売れない理由はたくさんあります。
でも売れる、勝つ算段も考え続けましょう。

今年は厳しいと引きづっていると今月最後のピークである今週の連休売上も厳しくなってしまいますよ!

セール品の精査、フォロー、フロア整備できてますか?
新作プロパーは本当に売るつもりでレイアウトに組み込んでますか?
年始からのお客様の客層は変化していませんか?
客数の減少から接客スタイルは変えていますか?

私の感覚では新生活、成人式、入園式準備とイベント関連でついでにお買い物なんてケースが平日から増えてます。

暖冬だから冬物じゃなくても良いと新作を買われる方が今年は多いです。
販売数は減っていても単価が上がっている傾向があります。
お店の状況はそれぞれですが、常に勝てる方法を考えて1月商戦乗り越えていきましょう!

来週からは、セールス、店舗マネジメントについて書いていきます。
それではまた来週!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
kosu
About kosu 42 Articles
販売員歴7年 ライフスタイルセレクトショップ勤務。メンズ、レディース、キッズ、雑貨、家具全てを扱うサブ。メンズドレスにおいては常に全国トップレベルの実績により入社初年度から企画にも参画し多岐に渡る現場の仕事を経験。担当カテゴリー、個人実績では全てトップクラスの実績を残すも、その裏で起こる問題に常に苦悩していた元トプセラ読者。販売、マネジメント、教育、店舗運営で今も奮闘。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA