トップセールスが世の中の販売員のイメージに対して感じている事ってなんだろう??

スポンサーリンク

みなさま、こんにちは。

現役販売員、SAKIです。

前回の記事はこちらから↓

お客様は何を悩んで店舗に来られているか、あなたは答えられますか?②

忙しい4連休も今日で終わりますね!気温はだいぶ秋らしくなり、季節が味方をしてくれている部分もありますが、秋商戦だいぶ厳しいのが現状かと思われます。
納品状況も一時期に比べれば安定してきているブランドも多いとは思いますが、ロックダウン期間中に売上が担保できていないブランドは物作りできないという声も聞いております。
今年のイレギュラーな体験を現場で出来ている私たちは本当に貴重な経験ですし、販売員をやっていく中でかなりレアケースだなと感じております。

最近私は「なんで販売員やってるの?」とか、「もっと給料良くて楽しいことありそうじゃん?」と気心のしれている友達から言われたり(その子は化粧品販売員なので同業です。笑)、他業種の方とお話しすると、販売員が分かるわけないじゃん〜と、いう感じで馬鹿にされたり、結構悔しい思いをしております。
みなさまもこのように感じた事はありませんか?

本日は、私が世の中の販売員に対するイメージについて感じている事とギャップについて書いていこうと思います!

「販売員なんて誰にでもできるよね?」

おっしゃる通り、誰にでもできる仕事だと思います。 しかし、誰もがお客様の気持ちを理解し、行動できる販売員になれない。という現実があります。

お客様の気持ちや考えを知るために、あの手この手を使って、話を聞き出す聞き出し力、聞き出した事を具現化し、お客様が良いと思ったものをもっと良いと思っていただける提案力、この会話を何もない状態から始めるためのコミュニケーション能力…

もっと言うと、店舗の数値を管理するための数値管理能力が必要で、売上を取るためには予算を取る事が大事です。予算を取るためにはお客様にどうしたら満足していただけるかを常に販売員が考えることが必要です。予算比は、お客様の満足度だからね。という言葉を耳にタコができるくらい聴き続け、販売をやってきました。笑

販売員ってただ突っ立って、「いらっしゃいませ〜」と言っているだけではなく、動待機中も今日はあれをやはないと、これをやらないと、次のお客様はどんな方が来るかな?など、考えて行動しています。

意外と知られていないけど、販売スキルって他業種にも生きますよ!

これはつい数ヶ月前まで私も思っていましたが(笑)この数年間で学んだ販売スキルって意外と他業種でも役に立つという事を知りました。

販売員の方は自分は販売しかできないから…となりがちですが、そんなことないです。

私たち販売員のコミュニケーション能力はピカイチだと思います。どの業種の人よりも優れているのと、とっさの切り返し力が優れているので困ることはないかなと感じます。

日々の数値管理に対して、目標を設定し達成までの行動目標を作っているはずなのでそこも他業種にスライド目標立案がしやすいと思います。
販売員って接客だけをするのではなく、目標を考えて行動する力も備わっていると私は感じています。

これからも接客楽しいと思えるように毎日過ごしたいですね♡

 

Twitterに質問箱をつくりました!

ここ最近、質問いただけて嬉しいです!ありがとうございます☆
小さなことでも、構わないので、ぜひお悩み送ってくださいね!

では、また来週♡

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
SAKI
About SAKI 40 Articles
1991(平成3年)2月生まれ、28歳。 販売歴10年。 ゴディバジャパン株式会社にて、洋菓子販売を3年経験したのち、株式会社アダストリア入社。 アパレル販売経験を積み、ステップアップとして国内大手アパレルメーカーへ転職。 1年目から4年連続、館・会社から各種表彰受賞。 ブランド個人売上2年連続全国1位。 現在、都内百貨店でサブ店長を務める。 セールス、マネジメントどちらもこなすプレイングマネージャーとしての目線を生かし、若手からベテランまで、『これなら自分でもできる!』と思っていただけるような、わかりやすい記事を配信いたします。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA