ベロアとベッチンとベルベットの違い

スポンサーリンク

今年の秋冬はベロア素材を使った商品が人気ですね。

ところでベロアと同じような見え方をする生地で、ほかに
ベッチンとベルベットがあります。

販売員の中にはこの3つをまったく同じ生地だと思っている人が少なくありません。
販売員だけではなく、デザイナーや企画担当者でも同じ生地で呼び名が違っているだけだと思っている人も少なくありません。

しかし、それは間違いです。
この3つの生地は見た目は似ていますが、あきらかに別の生地なのです。

ブランドの商品紹介でも同じように書かれているものも少なくなく、呆れ果てるほかありません。

まず、ベロアは編み物なのです。
ニット、ジャージという方がわかりやすいでしょうか?

これに対して、ベッチンとベルベットは織物なのです。
経糸(たていと)と緯糸(よこいと)で構成されている織物です。

さすがに販売員のみなさんは、編み物と織物の違いはわかりますよね?
ワイシャツの生地は織物、セーターやTシャツは編み物です。
ポリウレタンなしでの伸縮性がまったく違います。

じゃあ、同じ織物なのにどうしてベッチンとベルベットは違うのでしょうか?
同じ織物でも織り方が異なるのです。
異なる織り方で結果的に似た見た目になっているのです。

イルカと鮫は哺乳類と魚類でまったく異なる生物ですが、見た目が似ています。
それに近いことが起きていると考えてください。

まずベッチンはコーデュロイの仲間です。コーデュロイがベッチンの仲間といったほうが良いのでしょうか。

ベッチンはベルベッティーンとも呼ばれます。
おそらく、ベルベッティーンが正式名称で略してベッチンになったのではないかと思っています。

基布から上に向けてループ状の糸が出ており、そのループの中心部を切断することで毛足ができます。
あとはその毛足を刈り揃えて整えればできます。
主に綿素材が使用されます。

一方、ベルベットはビロードとも呼ばれ、漢字では天鵞絨とも書きます。
二重織りの一種で、上と下の生地を糸でつないで織られて、それを真っ二つに切り開くことで毛足のある生地になります。
これがベルベットで、主に絹やレーヨンが使われます。

言葉だけではわかりにくいので、こちらのサイトを貼っておきます。
模式図が書かれてあるのでわかりやすいのではないでしょうか。

http://corp.world.co.jp/fashion/material/faq.html?M_MATERIAL=8

ちなみにフェイクファーの製造方法もこのベッチン、ベルベットと同じです。
毛足が短ければベッチン・ベルベット、長くてふさふさならフェイクファーです。
またニットのフェイクファーはベロアの仲間ともいえます。

こんなふうに見てみると、生地というのはなかなか面白いものです。
販売員のみなさんも正しい生地の知識を身に着けると、販売の仕事に役立つと思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
南 充浩
About 南 充浩 73 Articles
1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間15万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブログ( http://minamimitsuhiro.info/ )】

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA