MDは個人事業主だと思うべし

スポンサーリンク

お久しぶりです~MD担当のNaruです!

いやー今年の梅雨長くないですか?笑

さすがに飽きましたよね。笑

この前買ったローファー早く履きたいのに。。。。。

 

そんなフラストレーションを抱えるNaruが書く今夜の記事は、、、「MDとしての心がまえ」とそれにまつわる目的意識を持った分析についてです!

ではいってみましょう~!

MDとしての心がまえ

おさらいです!MDの仕事とは?

販売員視点を持ったMD

そうですね!5適をコンロトールしながら粗利益をもたらすことですよね。

簡単に言うとこれなんですけど、言ってしまえば「MDしっかりしてないとブランドは傾きますよ」ってことですね。

タイトルにもありますが、「MDは個人事業主だと思って働け」が今日のキーワードです。

これは僕がのらりくらりとMDとしての作業をしていた補佐時代に先輩に口酸っぱく言われてきたことです。

「自分がこのブランドを1から立ち上げるなら何をしたらいいか?」

自分が社長・ブランドのオーナーだと思えば「何をしたらいいか?」の答えは自然と出てきますよね。

あなたがオーナーなら利益を出すために何をしますか?

じゃあそのマインドを実際に業務に落とし込むとどうでしょう?

MD業務は大きく分けると①良い商品を作って売るための商品面分析②商品を上手く回して粗利益を出す分析の2つになります。

売上と粗利益は繋がってるけど繋がってないんです。

 

①の場合、さらに噛み砕いてみましょう。

良い商品(売れる商品)を作ろう!⇒A.自社内の傾向とB.自社外の動向を知る!

自分がオーナーだったら社内の情報は集めたいし社外や市況の動向は知っておきたいと思いますよね。

 

じゃあ噛み砕いた内容を具体的に業務に落とし込むと?

 

A.自社内…すでに出している商品の色・型・金額・シリーズ別の傾向分析
B.自社外…トレンド分析・競合他社分析

などなど!

販促も兼務しているMDは売り方も社内検証・社外情報のインプットしていきましょうね!

 

そして、それに基づいてやらなければいけないことはデザイナーや営業・プレスとの共有!

デザイナーには良い商品を作るために分析したデータを基に構成したMDマップやテーマ・コンセプトを共有。

営業にはそれに伴った展開方法や新たな販路を考えてもらったり。

プレスにはその商品をどんな方法でお客様に知ってもらうかという視点で打ち合わせ。

 

じゃあ②の場合!

粗利益を出そう!⇒在庫・仕入・売上を知る!

これ知らなきゃ売上だけ上がっても在庫多すぎて商売になってなかったりしますからね!

これを業務に落とし込むと…

・在庫回転率の把握(OTB表の作成)

・仕入予算設計

・売上予算設計(仕入・売上・在庫・粗利益を組み込みます)

などなど!

 

今まで書いてきたことは本当にベーシックなことで人によって、会社によって、ブランドによって粗利益を出すためにやれることは違ってくると思いますので、この業務だけに留めないようにお気を付けくださ~い!

 

MDは個人事業主!自分が傾いたらブランドは潰れるしそう思ったらやらなきゃいけないことは自ずと見えてくるし必死になるはず!

では!!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
Naru
About Naru 12 Articles
1993年生まれ。三代東京生まれ東京育ちの江戸っ子。都内某レザーグッズメーカーにて販売、営業を経て現在3つのブランドのMDを担当。販売員時代では入社3ヶ月で某都内百貨店自社ブランド売上の過去最高売上を記録。 販売員目線とクリエイター目線で商品面・売場面においてバランスの良いMDを構築。仕事において大切にしていることは、関わる人に気持ちよく仕事をしてもらうこと。これを基に転がされるように見せながら最終的に自分のやりたいことを遂行し転がしていく。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA