あなた自身、自分のリピーター顧客は増えていますか??

スポンサーリンク

みなさま、こんにちは。

元トップ販売員、SAKIです。

前回の記事はこちらから↓

カスタマーの未来作りが得意な販売員が教える、毎日の接客が少しでも楽しくなるコツとは?

 

みなさま、4月になりました。

昨年の今頃は緊急事態宣言が発出されるかされないか、の報道が多かったのと、毎日しんどいなぁ…と思いながら仕事へ行ったことを懐かしく思っております。

今でこそwithコロナと呼ばれる時代へ突入しましたが、今までよりも予測し難い未来を過ごしてきたこの1年、皆様はお客様に対する接し方や接客方法もだいぶ変わってきたのではないかと思います。

商品も安定した供給が難しい中で、在庫があるものを一生懸命売りなさいという会社の指示に従い 頑張って来られたのかなと思うと、本当に頭が上がらないです。

服もかつてよりも必要度が下がり、お客様の来店回数も減る中で、一番手っ取り早く売り上げを担保していく方法は、一回の接客で満足していただき、ファンを作って、リピートしてくださるお客様をまずは増やすこと!

これからの時代、より大切になってくるのは一販売員としてどれだけ自分についてきてくださるお客様を増やせるか、だと思います。

個の力が集結し、チームは出来上がるので、一人一人の販売スキルや、接客スキルが上がることはもちろん、一度ご来店してくださった方を逃さないことが大切です。

今日はリピーター作りに効果的なお話を書きたいと思います!(前書きが長かったw)

あなたにしかできない、印象に残る接客ってできていますか?

これを聞いて皆様は何を考えましたか?

私は今現役販売員を卒業しましたが、販売員の方はお客様のお話を聞く傾聴がすごくうまいのが特徴だなと感じております。

お客様の話を聞くだけで良いと思っている方が結構多く勿体無いなとも思います。

せっかくお客様と知り合い、毎回のチャンスで顧客にできるかできないか掛かっているのであれば、自分はこういう人ですよという自己開示が必要だなと私は思っております。

実際売れるトップ販売員は、お客様を敬いつつ、お客様と対等な関係性を築ける方が多いのが特徴です。

どうやったら印象に残る接客ってできるんだろう?

まず、一人一人のお客様をしっかり深ぼることが大切です。それができるかできないかで大きく変わります。

深掘りヒアリングについての記事はこちらをご覧くださいませ!

私たち販売員の仕事、本当にやらなきゃいけないことってなんだっけ?

 

このヒアリングが出来るようになると、だいたいのお客様は自分が今まで接客を受けていてここまで聞かれたことないなぁ、私のことを本当に知ろうとしてくださっているんだなぁと感じていただくことができると思います。

一点注意なのが、この接客方法は、相手のタイプを見極めて行うことが大切です。

時間がない方にダラダラ話しても意味がないので(ここについては時短接客記事を別途書きたいと思います!)、関係構築出来そうな方に対し、刺さります!

少しでも話せた、この方にまたきて欲しい!そう思ったら即実戦してくださいね★

極め付けはクロージング〜お見送り!!

これは私が現役時代特に意識していたこと。

「これにします」とお客様が決める前の最後の一手です。

「〜様は今回このような理由でお洋服を選ばれ、お持ちのアイテムはもちろん、こんなシーンでも着用できます。
〜様だからこそこのようなメイクや、アクセサリーバッグとも合わせられるので、おすすめです!」

と毎回あなただけにおすすめな理由を全力で探して伝えておりました。

同じアイテムを5人の方が同じ日に決めても、全てあなただけの理由を探して伝えます。

レジのお会計お待ちの際も、次のDELのカタログや絵型を特別にお見せしますね!と言いながら展開し、

「〜様はこのようなアイテムがお好きと仰っていたので、例えば来月に入ってくるこちらと今日のアイテムを合わせても、このようなシーンの時に着用できますし、普段使いもしやすそうですよね〜!お取り置きしておきますね!」と言って取っておく(笑)

買うか買わないか見てから決めていいので、と言って予約入れてました。

完全受注予約アイテムも最後は売り切れば問題ない精神で私は常に店舗に入る状態を作り、「〜様がお好きかなと思い、今回特別にご予約しちゃいました〜笑」と言って顧客様に展開しておりました。

これは即使えます。

お見送りの際には「今日は楽しいお時間をありがとうございました。〜様とこんなお話ができてとてもたのしかったです。私、〜と申しますので、今後ともぜひよろしくお願いいたします!」と、全力の挨拶でお見送りしてください。

私はお客様が見えなくなるまでがお見送りだと思っています。

最近、お客様がいても店頭から消える販売員の方が多くて、売れたから満足なのかな?って思うことが多いです。

皆様に1人でも多く顧客の方が増えたらうれしいなと思います。
ぜひ、やってみてください!

 

Twitterに質問箱をつくりました!

ここ最近、質問いただけて嬉しいです!ありがとうございます☆
小さなことでも、構わないので、ぜひお悩み送ってくださいね!

では、また来月♡

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
SAKI
About SAKI 50 Articles
1991(平成3年)2月生まれ、28歳。 販売歴10年。 ゴディバジャパン株式会社にて、洋菓子販売を3年経験したのち、株式会社アダストリア入社。 アパレル販売経験を積み、ステップアップとして国内大手アパレルメーカーへ転職。 1年目から4年連続、館・会社から各種表彰受賞。 ブランド個人売上2年連続全国1位。 現在、都内百貨店でサブ店長を務める。 セールス、マネジメントどちらもこなすプレイングマネージャーとしての目線を生かし、若手からベテランまで、『これなら自分でもできる!』と思っていただけるような、わかりやすい記事を配信いたします。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA