<似合う素材>って何だろう?

スポンサーリンク

こんにちは!モリオカです!

昨日のクリスマスは楽しめましたか?

24日、25日とオ◯ジン弁当を
一人食べて過ごした私ですが
SNSで皆様の楽しげな写真を見て
クリスマスを味わっておりました。

来年こそは
ケーキを一緒に食べて下さる相手を見つけます。

そんな自身の話はさておき本題に。

素材が「似合う」ってなかなか聞かないですよね。
服が視覚的に与える印象って
①色
②シルエット
③素材
なので
そんなに多くは語られないように思います。

でも違和感が感じる時って
意外とここが似合ってなかったりするんですね。

まず
素材を「似合わせる」ポイントは大きく2つあります。
①素材の表面質感
②素材の厚み

これらを
・骨格診断理論の視点
・顔タイプ診断理論の視点
・パーソナルカラー視点

この3つの視点から解説してまいります。
素材の似合わせの為のシェアが大きいのは
骨格診断理論ですが
他2つも絡んでくる要素です。

理論についてご存知ない方にも分かりやすいよう
解説してまいりますので
是非読み進めていただければ!

骨格診断理論の視点

販売に役立つ骨格診断①ストレートタイプ

ハリのある肌質で立体感のあるボディのストレート

 

販売に役立つ骨格診断②ウェーブタイプ

柔らかいソフトな肌質で華奢なボディのウェーブ

 

販売に役立つ骨格診断③ナチュラルタイプ

骨感があり線の長さがスタイリッシュなボディのナチュラル

骨格診断て何?という方は、是非こちらの3記事をご覧下さい。

その人が持つ体型の特徴を
大きく3つのタイプに分け
その特徴に合わせた似合わせの理論が
解説されております。

 

素材の似合わせポイントの
①素材の表面質感の解説

素材の表面質感=肌質の表面質感
に調和する事で<似合わせ>が出来ます。

・ハリのある肌質(ストレートタイプ)には
ハリのある
ウールギャバジン シルク ブロード
等の素材を合わせる事で調和させる。

・ソフトな肌質(ウェーブタイプ)には
ソフトな質感の
モヘヤ ファンシーツイード ハイゲージニット
等の素材を合わせて調和させる

・骨感があり硬さのある肌質(ナチュラルタイプ)には、硬さがありナチュラルな風合いの
ブリティッシュツイード リネン コーデュロイ
等の素材を合わせる

例を挙げるとこのような。

②素材の厚み
その方のボディの特徴に対して
・素材の厚みを乗せた方が良いのか
・薄めの素材でボディの良さを引き立てた方が良いのか?
という視点。

・立体感、厚みのあるボディ(ストレートタイプ)には
→薄すぎる素材は、ボディの肉感を拾い着太りして見える
→厚みのある素材は、厚みに厚みを足してしまい着太る

薄すぎず、厚すぎない、ハリ素材で
ボディラインをスッキリ見せる素材で似合わせが出来ます。

・華奢なボディ(ウェーブタイプ)には
薄めの素材で、華奢なボディを引き立てる事で
よりスマートに見せる事が出来ます
(厚い素材を乗せると、華奢な身体に対して
素材が重く見えてしまい調和しずらい)

・骨感のあるスタイリッシュボディ(ナチュラル)には
素材の厚みを乗せる事で、骨っぽさを取る事で
よりスタイリッシュに見せる事が出来ます。
ウェーブの華奢さ とは違う細さなので
骨っぽさが気になる?という場合は素材の厚みで
コントロールをします。
(薄い素材は骨っぽさが目立ってしまう)

以上のように
・素材の表面質感 と 肌の表面質感を合わせる
・ボディラインを、素材の厚みでコントロールする

これらが骨格診断視点の<素材の似合わせ>です。

顔タイプ診断理論の視点

「似合う色」を見る2つの視点


色視点での解説ではありますが
<顔タイプ診断>については
こちらで解説をしております。

・直線の要素(男性的な印象、カッコよさ、スマートさ等の印象)
がお顔に目立つ方には
男性的なスマートさのある素材が似合います。

例:ブロード ギャバジン ハイゲージ スムースレザー etc

・曲線の要素(女性的な印象、可愛さ、柔らかい 等の印象)
がお顔に目立つ方には
女性的な柔らかさのある素材が似合います。

例:モヘヤ ファンシーツイード シフォン etc

お顔の印象(直線or曲線)=素材が与える印象
に結び付ける
事で
顔タイプ視点での似合わせが出来ます。

<似合わせ>と別の視点で
見せたい方向性に
素材を寄せるというのも1つですし

男性と女性では選定できる素材も違うので
その辺りはこの理論をベースにご参考に頂ければ。

パーソナルカラー視点

色が人に与える効果④清濁


カラーなのに素材?何言ってんだ?
と思われるかもしれませんが

素材の似合わせを徹底的に深掘りすると
絡んでくるのがパーソナルカラーの<清濁>。

その人が
・クリアな色味の清色が得意か?
・マットな色味の濁色が得意か?
という要素がこの清濁なのですが

・清色が得意な方は
表面に凹凸がなくツルッとしたクリアな素材(清色に似た効果が出る)
が得意ですし

・濁色が得意な方は
表面に凹凸があるマットな素材(濁色に似た効果が出る)
が得意です。

パーソナルカラーの清濁に関しては
色の要素でなく
素材の要素にも絡んでくるわけですね。

 

 

 

 

 

以上のように
・骨格診断理論の視点で
①素材の表面質感 肌質の表面質感を調和させる
②<素材の厚み>でボディラインのコントロールをする

・顔タイプ診断理論の視点で
③顔の持つ印象と素材が与える印象を調和させる

・パーソナルカラー診断の視点で
④素材のクリアorマットが調和するかを見る

素材の<似合わせ>には羅列するとこのような要素があります。
色んな理論から語られて混同してしまいますが

大事なのは
その人自身の主張が強い要素(骨格や顔印象)が
どこなのか?を見極めてそこを
メインに考える事です。

是非ご参考に頂けますと幸いです!

 

いつも記事をお読み頂き
誠にありがとうございました!
私の記事も年内はこちらが最後となります。

半年前から記事を書かせて頂いておりますが
このような境遇に自身がいる事が一年前には考えられませんでした。

まだまだ未熟者ですが
より一層皆さまのお力になれるよう
精進してまいります。

ここからが忙しい時期となりますので、是非皆様
お身体に気をつけて
万全の体制で2020年を迎えましょう。

来年もトプセラを宜しくお願いいたします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
森岡 裕之
About 森岡 裕之 62 Articles
1993年生まれ。現在は某アパレルブランドにて入社3年目、店頭で販売を行なっている。その前は高卒でファッションとは無縁の工場に3年間就職。 ファッションが好きな気持ちを諦められず退職後、服飾専門学校にて3年間ショップ運営のノウハウを学び現在に至る。入社後は一年半、メンズにて販売を行いその後ウィメンズに配属。「カワイイ」で通じ合う、レディースのフィーリング要素の強い接客に苦しみ「パーソナルカラー」「骨格アドバイザー」「顔タイプアドバイザー」の理論的要素を学ぶ。センスや感覚に頼らず 理論的に根拠のある「似合う」を伝える接客を大切にし日々店頭販売に取り組んでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*